視野異常シヤイジョウ

視野異常はどんな病気?
視野異常とは、何らかの目の異常によって、視野が狭くなったりするような症状を指します。視野が狭くなる以外にも、ぼやけて見えたり、視野の中に影ができたりするような場合があります。それぞれ原因となる疾患によって、その視野の異常の内容も異なるといえます。例えば飛蚊症などでは、視野の中に小さな黒い影が見えることが知られています。


視野異常の症状
視野異常の症状はどのようなものでしょうか。それは、一般的には視野狭窄に分類されるのですが、多種多様な常態に見舞われます。例えば、視野が大きく狭まったり、白く濁ったり、物が二重にぼやけて見えてしまったりします。視界の中に虫のようなものが舞い散る場合も、この病気に分類されます。また、視野がレンズを通したように歪んだりもします。

視野異常の原因
視野異常の原因は日常生活で起こることがあり視野が見えにくくなるときは緑内障になったり網膜動脈閉塞が考えられます。脳の異常で視野を見えにくくすることもあるため目の病気だけでなく脳の腫瘍が出来ている場合でも起こります。その他には怪我により網膜剥離をして網膜の部分に水がたまることがあったり子供のアトピーがきっかけで見えにくくなることもあります。

視野異常の検査と診断
視野異常になったときの検査方法は視野計による機械を用いて調べていきます。視野計の中を覗くと光が出てますからその光を見ていくことで患者の反応を調べます。正常な視野の場合と異常の場合では反応が異なりますからそこでどの程度の異常なのかわかります。光に対して反応が鈍い部分は緑内障と判断したりそこからさらに悪化している場合には他の病気を疑ったりしながら調べていきます。

視野異常の治療方法
緑内障による視野異常の場合は、眼圧を下げる手術を受ける事で視力を回復させる事が出来ます。症状が軽い時は点眼薬を使用した治療法で、視野を元に戻す事が出来ます。レーザーを使った眼の手術なら、痛みを感じることなく視野と視力を健康な状態に戻す事が可能です。房水の発生を抑制する目薬を使った治療も効果的です。線維柱帯を切除する手術でも治すことが可能です。

視野異常の初診に適した診療科目

視野異常の専門外来

視野異常に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ