絞扼性腸閉塞コウヤクセイチョウヘイソク

絞扼性腸閉塞はどんな病気?
絞扼性腸閉塞は、消化液や食べ物の流れが小腸又は大腸で滞った状態のことで要するに内容物が腸に詰まっている状態が腸閉塞といいます。症状は内容物が腸に詰まった瞬間に起こり、激しく腹痛や吐き気、嘔吐をもようします。検査は超音波、X線、CT検査を行います。絞扼性の場合は保存治療だけでは治らず、腹を切り新しい癒着を作る手術をします。


絞扼性腸閉塞の症状
絞扼性腸閉塞の症状としては、腸に何かしらが詰まった瞬間に発病し、腹痛、嘔吐、吐き気が強烈に起こります。おなかが膨満し、痩せている人ならば腸が動いているのが、お腹の外側からでも見えたりします。腹痛では強い痛みと痛みが和らぐのを交互に繰り返す疝痛発作が特徴的です。嘔吐物は、始めこそ胃液や胆汁ですが、進行すれば腸から逆流した腸の内容物となり、吐糞症となります。

絞扼性腸閉塞の原因
絞扼性腸閉塞の原因は、腸の内側にある場合と外側にある場合の二つがあります。外側とは腸が外側から圧迫されたり、捻れたりする場合で、内側は大腸がんによる閉塞が理由としてあります。外側で最も一般的なのはそもそも腸同士の癒着は必ず起こることですが、癒着部分を中心として腸が折れたり、曲がったり、捻れたり、他の腸が圧迫されたりして腸が詰まり起きます。

絞扼性腸閉塞の検査と診断
絞扼性腸閉塞とは腸管内腔が器質的な病変によって狭窄や閉塞をおこしたもので、循環障害を伴う機械的腸閉塞です。症状は腹痛や嘔吐、排便の停止や腹部所見、全身症状がみられます。検査方法は腹部単純X線検査、既往歴で開腹手術の既往や腹腔内炎の有無を聴取します。腹部単純X線検査で腸管内ガスの位置や量などから閉塞している部位をある程度推測することが可能です。

絞扼性腸閉塞の治療方法
絞扼性腸閉塞の治療法につきましては、腸閉塞自体は特に手術をしなくとも保存治療で治るのがほとんどですが、腸が捻れたり血管を圧迫する絞扼性に関しては急激に状態が悪化していくため、即手術が必要となります。手術では、開腹して捻れたり圧迫してる部分を切断し新しい癒着を作る手術が行われます。ただ、腸閉塞になりやすくなるためその後の予防は重要です。

絞扼性腸閉塞の初診に適した診療科目

絞扼性腸閉塞に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ