硬性白斑コウセイハクハン

硬性白斑はどんな病気?
硬性白斑(こうせいはくはん)という病気についてです。白斑は大きく分けて2種類あります。硬性と、軟性の軟性白斑です。硬性の白斑はその名の通り境界が明瞭なで、見た目が少し硬い感じを受けます。血管からの脂質の漏出といわれています。軟性白斑は境界が不鮮明で見た目がやわらかい感じを受けます。これは網膜の中の変化で虚血性変化(酸素不足)です。どちらの白斑も糖尿病や高血圧性の網膜変化です。


硬性白斑の症状
硬性白斑は、網膜からの出血や、血管から漏れ出した成分が身体に吸収されずに、網膜上に沈着するという症状がおこります。この白斑はまれに黄班上にあらわれ、視力を低下させることがあります。血糖値をコントロールすれば改善されることもあります。この白斑があらわれたということは、糖尿病性網膜症の初期段階であるということがわかります。

硬性白斑の原因
白斑は眼底に白い斑点がが見られる病気のことで硬性白斑と軟性白斑に分類されます。前者は黄色で境界線が明瞭で、網膜の出血や脂質などの血管から漏出した成分が網膜に沈着することが原因のものです。いろいろな種類があり、輪状、星状のものなどがあります。疾患によって白斑の形成過程が異なり、糖尿病網膜症は輪状白斑、視神経炎は星状白斑となります。

硬性白斑の検査と診断
硬性白斑の検査方法とは、まずは人間ドック、健康診断を通して、指摘されるケースが多く、眼底検査を行うのがもっとも早く発見されます。眼底検査も、直像鏡によるもの、倒像鏡によるもの、細隙灯顕微鏡と前置レンズを組み合わせたものでの方法があります。それによって黄白色で境界がはっきりとした白斑がとらえられ、浸出液の脂質が網状に貯留したものが映ります。

硬性白斑の治療方法
硬性白斑の治療法は、眼科による手術を要し主にレーザー手術が一般的に行われています。またレーザー手術後は視力が著しく低下する可能性があり、後遺症も懸念されているため、患者との綿密な相談が必要です。またレーザーでの手術が困難または回復が見込まれない場合は通常の眼科手術となり、非常にリスクの高い高度なレベルの手術を行う場合があります。

硬性白斑の初診に適した診療科目

硬性白斑の専門外来

関連部位から他の病名を探す

硬性白斑に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ