皮膚結核ヒフケッカク

皮膚結核はどんな病気?
皮膚結核とは、結核菌による皮膚病変になります。この病気は、外部から結核菌が侵入して病気を起こす場合、その他の病巣から結核菌が皮膚に到達して病気を起こす場合、その他の部位の結核のアレルギー変化として皮膚に発症する場合の三型に区別されます。この病気の発病は、高齢者を除いては大変まれで、治療としては抗結核療法を用いて行われます。


皮膚結核の症状
皮膚結核は大きく分けて二種の結核がありそれぞれで症状が変わってきます。真性の結核は顔面に濃い赤色で形が不揃いな尋常性狼瘡が出来たり、手足にイボ状の皮膚疣状結核が出来たり、関節やリンパ節の周囲に皮膚腺病ができます。一方、もうひとつではその病状に加えて壊疽性丘疹状結核疹やバザン硬結性紅斑などが含まれます。皮膚病変部には結核菌はいません。

皮膚結核の原因
皮膚結核は結核菌の感染によって起こる病気ですが、発症の原因は大きく2つに分類されます。まず、真性結核と呼ばれ、結核菌が皮膚に侵入するために皮膚に病気発症するものです。2つ目は、結核疹と呼ばれ、病変部に結核菌が見られないにもかかわらず、結核菌に対するアレルギー反応から起こる結核です。また、すでに肺結核にかかっている際に、結核菌が皮膚にまで達してしまい発病する場合もあります。

皮膚結核の検査と診断
皮膚結核とは、真性結核菌が皮膚に侵入することで病巣を作り、結核疹が原因となって皮膚に病変を起こすことです。検査方法について、発疹の特徴と皮膚から取った組織の所見、結核菌の証明などから行います。ゴム腫、円盤状エリテマトーデス、ハンセン病、サルコイドーシス、スポロトリコーシス、クロモミコーシスなどと区別が必要となっております。

皮膚結核の治療方法
皮膚結核とは、結核菌が肺から皮膚にまで到達し皮膚を侵食してしまった場合に起こる皮膚病のことです。この治療法としては、抗結核薬であるイソニアジドとリファンビシンの2剤をとエタンブールという薬剤を加えた3薬剤を併用して行なう内服薬治療を行ないます。この療法は焼く半年間継続して行なわれ、ほぼ半年ほどでかなりの症例が完治するはずです。

皮膚結核の初診に適した診療科目

皮膚結核の専門外来

皮膚結核に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ