脳瘤ノウリュウ

脳瘤はどんな病気?
脳瘤とは一般的には、脳動脈瘤のことで脳にある動脈に瘤ができてしまいその瘤の部分の血管壁がもろくなって破裂する可能性があるの状態のことです。必ず血管の瘤が破裂するわけではないのですが、3から5パーセントぐらいの確率で破裂することが医学的に解明されています。この治療としては、動脈瘤にコイルを入れることで瘤を潰し治療します。


脳瘤の症状
脳瘤は、患者さんの多くがあまり自覚症状がないことが多いですが、以下の状態変化があれば、早く受診した方が良いです。視野の辺縁が見えにくい、物事を考えることに困難を感じる、言葉がしゃべりにくい、感覚の異常や変化、行動の変化、平衡感覚や運動障害、集中力の低下、記憶力の低下、持続する疲労や倦怠感など少しでも気になることがあれば、医療機関へ相談してみましょう。

脳瘤の原因
脳瘤が引き起こされる主な原因は、中膜に欠損が生じているところに血圧の負荷がかかることによるものが挙げられています。主にこのような理由で脳に瘤が生じ、場合によっては大きな瘤が形成されるケースも見受けられます。また、細菌感染をすることで引き起こされる場合もあり、感染症に罹患することで脳内に瘤が生じてくる可能性も存在します。

脳瘤の検査と診断
脳瘤とは脳の動脈にできる瘤のことで数パーセントの確率で破裂してしまうことがあるものです。この動脈瘤の検査方法としては、MRAと3D-CTAの2つがります。この2つを使えば簡単に3Dの脳内血管の様子を画像撮影することが可能なので正確な脳内の動脈瘤の位置や大きさが分かるのです。瘤が発見されてもすぐに破裂するわけではないが治療の必要はあります。

脳瘤の治療方法
脳瘤の治療法は、主に脳神経外科での外科手術が行われることが多く、切開を要する場合も多くあります。治療の進行に伴い、喫煙やアルコール摂取などの要因を極力排除し、患者の様態を整えてから手術を開始することがあります。また、血管内治療を行った場合は後遺症として出血腫瘍などが発生する場合があるのでこの点に関しても継続的に治療を行う場合があります。

脳瘤の初診に適した診療科目

脳瘤の専門外来

脳瘤に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ