耳の下の腫れミミノシタノハレ

耳の下の腫れはどんな病気?
耳の下の方には唾液腺である耳下腺があり、耳の下の腫れがある場合には細菌性の耳下腺炎やウイルス性のおたふく風邪などが疑われます。典型的な症状としては腫れや圧痛、顎を開口する際の痛み、発熱などがあります。耳下腺炎以外にもその他の炎症や腫瘍の可能性など紛らわしい病気がいくつかあるために、早期に医療機関へ受診する必要があります。

耳の下の腫れの症状
耳の下の腫れの症状とは、まず見られます下の部分が腫れて膨らんできます。これは内部で炎症を引き起こしていますから触ると熱を持ち痛みを感じます。この腫れは不自然に耳の下がもりあがっている為に、見た目にも異常が分かります。放置しているとどんどん腫れが大きくなり、痛みも酷くなる場合があります。これは腫れた内部で炎症が起こっている状態です。

耳の下の腫れの原因
耳の下の腫れにはいくつかの原因が考えられます。1つ目は、感染症によるリンパ節の腫れが考えられます。子供の場合は、おたふくかぜの可能性もあります。2つ目は、唾液に問題のある、唾液腺炎などの可能性が考えられます。3つ目は、歯の問題として、単に虫歯の場合が考えられます。その他、深刻な場合には、癌や腫瘍の可能性もあるため、すぐに病院で診てもらう必要があります。

耳の下の腫れの検査と診断
耳の下の腫れはケガをしたときなどに菌が入ったりした時に耳が腫れてきてしまったり、ピアスを開けた時に菌が入り耳が腫れる。などといくつかパターンは違いますが、ようするにピアスホールですとかなにであろうと傷口から入った菌が炎症を起こして、耳を腫れされるというものです。検査方法は病院で医師の診断をうけて適切な指示をもらい、薬を貰って、早い内に完治させましょう。

耳の下の腫れの治療方法
耳の下の腫れの商業が起こる場合は、ムンプスウイルスに感染していることが殆どです。ムンプスウイルスは2、3週間潜伏した上で耳下腺を腫らすことを引き起こします。この症状の治療法は、抗生物質を投与することで1週間くらいで完治することができます。しかし、稀に髄膜炎などを併発してしまうことがありこうなりますと膵炎や精巣炎などを引き起こします。

耳の下の腫れの初診に適した診療科目

耳の下の腫れの専門外来

耳の下の腫れに関する書籍はこちら

スポンサーリンク
耳の下の腫れの治療・診断をご希望される方へ最適な病院・クリニック・診療所をおすすめします。
耳の下の腫れに関する病院・クリニック・診療所は以下の診療科目からお探しください!
病院検索ホスピタ【HOSPITA】なら、現在診療中の病院・クリニックがすぐにわかるため、安心してご利用いただけます。

この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ