熱性けいれんネツセイケイレン

主に6カ月から5歳くらいまでの乳幼児で38℃以上の発熱に伴って起きるけいれん性疾患を熱性けいれんと呼びます。一度しか起こさない子もいれば、発熱のたびに再発を繰り返す子もいます。

熱性けいれんの初診に適した診療科目

熱性けいれんの専門外来

熱性けいれんに関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ