病的骨折ビョウテキコッセツ

病的骨折はどんな病気?
「病的骨折」というびょうきについてですがどんな病気かというと病的な状態にある骨は正常な強度を持っていないということがあります。このような状態の骨に骨折を起こさないような軽微な外力が1度加わっただけで折れてしまうことがあります。一般的な原因として骨粗鬆症(こつそしょうしょう)があります。例として外傷を受けた覚えもないのに脊椎が次々に圧迫骨折を起こすというケースもあります。


病的骨折の症状
病的骨折の症状とは、痛み、変形、異常可動性、内出血、腫れなどが生じます。痛みは強いですが、外から見ただけでは分からなく骨に沿って圧力をかけて痛む場合骨折していることが疑われます。外的要因がなくても起こる場合もあります。関節以外の場所で骨が動くなどが見られれば骨折している可能性が大きいです。また、骨折部からの出血であざなどの内出血が見られます。

病的骨折の原因
病的骨折の主な原因としてあげられるのは骨粗鬆症にかかり骨折することがあります。高齢で病気したときや他の病気との合併症で骨折しやすい状態にあんります。骨の中の微細組織に異常が出て骨がもろくなりやすくなり健康な状態に比べて弱くなるのが特徴です。他にはガンになったときに骨転移や骨髄炎など影響でなったり、また先天的な遺伝でなることがあります。

病的骨折の検査と診断
病的骨折(びょうてきこっせつ)についてです。この病気の最も一般的なものは骨粗鬆症(こつそしょうしょう)だと言われています。閉経後の女性に多くみられる骨粗鬆症ですが、運動療法や薬で発生や進行を予防できると考えられています。骨粗鬆症を防ぐためにも閉経後の女性は定期的に検査を受けることをおすすめします。検査方法は、定期的に骨塩量検査を受けることが良いとされています。

病的骨折の治療方法
病的骨折の治療法は、通常の骨折と基本的な変化はなく、外科による治療または手術により改善することが多くあります。しかし骨折となった病気の改善しなければ再発のおそれがあるため、その該当した疾患を改善するためにそれぞれ治療されることが多くあります。また、術後も投薬による治療やリハビリを行うことによって早い段階で回復することもあります。

病的骨折の初診に適した診療科目

病的骨折の専門外来

病的骨折に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ