糖尿病白内障トウニョウビョウセイハクナイショウ

糖尿病白内障はどんな病気?
糖尿病白内障は糖尿病からくる眼の合併症のひとつです。目の中の水晶体が混濁します。年齢とともに進行していきます。糖尿病があると年齢以上に白内障が進行する傾向にあります。初期症状は眩しい、目がかすむなどですが、症状が進むと自分でも視力の低下を感じるようになります。日常生活に支障をきたすようになるまで視力が低下すると、白内障手術が必要になります。


糖尿病白内障の症状
白内障の初期症状は、「まぶしい」や「目がかすむ」というものであり、進行すると視力の低下の自覚があります。しかし、糖尿病白内障では、それらが急激に進行しますが、大半を占める仮性のものでは、徐々にそれらが現れていきます。視力の低下の自覚があり日常の生活に支障がでる場合には、白内障手術が必要になります。また、網膜症が合併している場合には、その管理のためにも早期に白内障の治療が必要な場合もあります。

糖尿病白内障の原因
糖尿病白内障は糖尿病による目の合併症の一つであり、主な原因は糖尿病であるといっても過言ではないのです。では糖尿病を引き起こす元は何なのでしょうか。まず説明すると、糖尿病とは血糖値が病的に高い状態であることをさします。すなわち、糖尿病は、血糖値を上げる生活習慣、また、遺伝や体質による血糖値をコントロールする能力が低いことなどがこの病気を引き起こすのです。

糖尿病白内障の検査と診断
糖尿病白内障の検査方法として挙げられているのは、瞳孔を開いた状態にして顕微鏡で検査をする方法です。このようにして顕微鏡を用いて検査をし、眼の内部にある水晶体の状態を見て症状の有無を判断します。水晶体に混濁がある場合にはこの症状があると判断される可能性が高く、それ以外の部分に混濁がある場合でもこの病気の可能性が存在することとなります。

糖尿病白内障の治療方法
糖尿病白内障になった場合における治療法と言うものには、血糖コントロールや薬物療法が有効であります、しかし、眼の水晶体の混濁が進んでしまうとこれらの治療では改善をさせることができないので現在手術をするのが根本的な治療方法です。手術は数十分で終わり糖尿病でも他の眼の合併症がなければ安全に行えます。しかし血糖コントロールが不良であると手術合併症の危険性が高まることがあります。

糖尿病白内障の初診に適した診療科目

糖尿病白内障の専門外来

関連部位から他の病名を探す

糖尿病白内障に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ