巣症状ソウショウジョウ

巣症状はどんな病気?
巣症状とは、脳が限られた病気の変化によってその能力がなくなってしまったために出てくる兆候や症状を現している状態のことです。痙攣性の麻痺になったり、日常の生活には無いような逸した行動に出てしまったりします。普段見ているものを見慣れているにも関わらず忘れてしまったり、言葉を忘れてしまうためにうまくコミュニケーションをとれなくなってしまいます。


巣症状の症状
巣症状は、片麻痺や感覚障害、言語障害や失語などの状態になることで、脳腫瘍が発生する部位によって、その部位が担っている機能が障害を受けます。例えば、脳の中で言語を司っている部位に脳腫瘍ができると、言語障害が起こり、感覚を司っている部位に脳腫瘍ができると、感覚障害が起こります。脳腫瘍ができる部位によって起こる精神障害や神経障害は様々なものがあります。

巣症状の原因
巣症状は、脳梗塞や脳出血、動脈硬化などの脳の血管の障害により、大脳が局所的な損傷を受けることによって引き起こされます。これらの原因により、脳内の血流が阻害されて、脳内の一部の細胞が損傷を受けたり、壊死することによって起こります。また、脳内にできた腫瘍や炎症によって、大脳の一部が圧迫されることによっても引き起こされます。

巣症状の検査と診断
巣症状の検査方法は、至って簡単です。まず尿検査を実施して、タンパク質が出てこないかどうかを見るのです、タンパク質が漏れでていれば、赤血球を調べます。それで赤血球が混じっていれば、血液検査に移るのです。血液検査では低蛋白血症や高脂血症の症状を調べ、それらに問題があれば、腎臓に子宮体と呼ばれているものがないかを視診によって最終的に調べることになります。

巣症状の治療方法
巣症状の治療法は、どこに病が発症しているかによって違いますし、似たような場所でも異なる場合があります。軽度なケースであれば自然治癒を活かすための安静療法で対応できますが、ケースによっては副作用のある強い治療薬を投与します。腫瘍や血液循環などの問題もあり、その場合は手術を行うことも多いです。とにかくいろいろな発症パターンがあるため、決まった治療方法はありません。

巣症状の初診に適した診療科目

巣症状の専門外来

巣症状に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ