侵入奇胎シンキュウキタイ

侵入奇胎はどんな病気?
侵入奇胎とは、子宮筋層内に奇胎組織が侵入している状態のことです。胞状奇胎が子宮内に広がっているため子宮内膜から子宮内筋層に刺さっています。組織は良性腫瘍です。腫瘍の組織が血液の流れにのって肺に転移することもありますが、良性のため生命の危険性の影響はないとされています。基本的に子宮全摘となりますが、子供を望む場合は抗癌剤の適用もあります。


侵入奇胎の症状
侵入奇胎は、妊婦に発生するものであり、主要な症状としては、妊娠初期においてみられるむくみ、高血圧、子宮からの不正出血・妊娠週数にしては子宮が大きすぎること・強烈なつわりといったものがあります。また、この病気は肺などの周辺臓器へ転移することもあり、そうした部位において引き起こされる特有なことからこの病気が発見されることがあります。

侵入奇胎の原因
侵入奇胎の原因については、子宮の筋肉の中に胞状奇胎の細胞の一部が侵入していく内に胞状奇胎の中から移行していくことまではわかっていますが、発生の理由はまだ解明されていません。雄核発生による受精卵の異常が全奇胎の発生理由であることはわかっています。例えば、子宮に病巣を認めるかや転移があるかどうかなどで絨毛がんと区別をします。

侵入奇胎の検査と診断
侵入奇胎の検査方法は、超音波検査で、胞状奇胎が子宮の筋肉内に入っているか確認します。そして、血液検査で、血液中のHCG検査、尿検査、内診が行われます。必要に応じて、MRI、CT、胸部X線検査、血液造影検査を勧められることがあります。ほとんどが胞状奇胎後の病気で、多量の出血につながる場合もあるので、胞状奇胎後の通院や経過の管理が大切です。

侵入奇胎の治療方法
子宮の中にある内容物を全て取り除く手術を受けると、侵入奇胎を治療することが出来ます。抗生物質の投与で子宮出血の症状を緩和させる事が出来ます。症状の悪化による出血ある場合は、輸血を受ける事で貧血と血圧の低下を改善する事が出来ます。抗がん剤の投与による治療法で、がん細胞の転移を防ぐことが可能です。ビタミン剤の投与で嘔吐の症状が治ります。

侵入奇胎の初診に適した診療科目

侵入奇胎の専門外来

侵入奇胎に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ