透析アミロイドーシストウセキアミロイドーシス

透析アミロイドーシスはどんな病気?
透析アミロイドーシスとは、長い間透析治療を受けている方や、透析治療を開始した年齢が高い方に発症しやすい病気になります。身体の中に溜まったβ2マイクログロブリンという物質が溜が神経や関節に付着すると、その周りが炎症を起こしてしまい、手や指、肩の関節などに痛みやしびれを感じたり、病状の悪化すると心不全や不整脈をおこすこともあります。


透析アミロイドーシスの症状
透析アミロイドーシスの症状は、アミドイローシス線維が骨関節組織に付着するため、靭帯や腱に付着すると周囲の正中神経を圧迫し、炎症を起こして痛みを伴います。ばね指や肩関節周囲炎などのこわばるような痛みも引き起こします。もっと重篤になりますと、頚椎に好発して、首の痛みや腕の痺れや痛みを感じるようになります。脊椎を圧迫するようになりますと、神経麻痺を生じます。場合によっては骨折することもあります。

透析アミロイドーシスの原因
透析アミロイドーシスは、長期にわたる透析を受け続けることによって引き起こされます。β2-ミクログロブリンという低分子たんぱく質の排泄が腎機能障害によって悪くなり、アミロイドとして骨関節組織に蓄積することが原因となります。β2-ミクログロブリンの生産分泌亢進の一因には、透析液中の細菌やエンドトキシンの血液への流入があげられます。

透析アミロイドーシスの検査と診断
透析アミロイドーシスの主な検査方法としては、血液検査を行い血液中の特定の成分の値の上昇を確認します。又、この血液検査に加え、骨関節の病変の検査も行う事が必要になり、レントゲン撮影を用いての検査や、CT画像での三次元的な画像解析を用いての精密な検査を行うことになります。そして、この疾患の検査では、神経電動の速度をはかる事も効果的で、手術の適応範囲を判断する事に活用されることがあります。

透析アミロイドーシスの治療方法
透析アミロイドーシスを根本的に完治させる治療法は、まだ確立されていません。完治させることは難しいですが、この病気を予防したり、病気の進行を遅らせることは可能です。その方法としては、高性能膜を使用した透析や透析液の浄化など、透析の質を高めることによって行います。症状によっては、腎移植も治療方法の一つになりますが、誰もが腎移植を受けられるということではありません。

透析アミロイドーシスの初診に適した診療科目

透析アミロイドーシスの専門外来

透析アミロイドーシスに関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ