軸性近視ジクセイキンシ

軸性近視はどんな病気?
近視には大きく分けて二種類あり成人の近視の大半はこの軸性近視で、治らない近視です。原因は近くのものを見ているときに起きる調節緊張状態が長く続くと、その状態を解消しようとして眼軸がのび近視を進行させてしまいます。もう一つ、大きい原因となるのは遺伝的なもので、遺伝からなる近視は残念ながら避けることができません。遺伝的な場合は、小学生以降からなる場合が多いです。


軸性近視の症状
軸性近視は遺伝的要素がとても強い近視で、その進行は成長期だけではなく壮年期に至るまで進行するといわれており、通常の近視より眼軸の幅が長くなったりします。このような症状が続くと、網膜の働きが悪くなりますので、中央部に出血が見られたり、網膜の状態が悪くなったりしています。このような状態が重症化すると網膜はく離の危険性が出て来ます。

軸性近視の原因
軸性近視の原因は、視力低下によるメガネ・コンタクトの長期間による着用によって引き起こされる場合が多いです。また、度のちがうメガネを複数着用する場合や頻繁にかけたり外したりを繰り返す環境にある方にはとくに多く認められる場合があります。また通常の近視を緩和するためにトレーニングをすることによっても逆効果の場合があり、発症の可能性が高まる場合があります。

軸性近視の検査と診断
軸性近視とは、近視を大きく二つに分類したうちの一つです。矯正後の物の見方の違いでもう一方と区別されています。遺伝の確率が高いと言われています。コンタクトレンズや眼鏡をかけると大きく見えます。検査方法としては病院で物を見たときの奥行きを調べる他に物を見たときの視界によっても簡単に知ることが出来ます。視力が回復するのはもう一方の近視でこちらの近視は自然と回復することはありません。

軸性近視の治療方法
軸性近視の治療法は、レーシックで対応できる場合があります。他にはメガネ、コンタクトレンズでも対応できます。レーシックの場合は、どの程度回復できるかは個人差がありますし、必ずしも成功するとは限りません。またサービスによっては感染症にかかるといったデータもあります。メガネが最も手頃に利用できますが、コンタクトレンズの方が矯正しやすいケースもあります。

軸性近視の初診に適した診療科目

関連部位から他の病名を探す

軸性近視に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ