変形性脊椎症ヘンケイセイセキツイショウ

変形性脊椎症はどんな病気?
背骨を構成している脊椎や椎間板が変性すると、椎間板の上下にある椎体と呼ばれる骨が硬くなったり棘ができたりします。これが神経や脊髄を圧迫して痛みを生む症状を変形性脊椎症といいます。加齢により脊椎の変形が起こりますが、痛みを感じない人も多くいます。症状が進むと肩こりや背中の痛み、腰痛が現れ、脊柱管狭窄症や腰椎すべり症を発症する人もいます。


変形性脊椎症の症状
変形性脊椎症の主な症状は部位によって異なり、腰椎では腰痛や脊椎運動制限もしくは足の痛みや足の筋力低下及び知覚障害などです。また、腰部脊柱管狭窄がある場合は馬尾神経性跛行がみられます。一方、胸椎の場合は背部痛やしびれ感ですが、自覚がない場合も数多くあります。頸椎の場合、頸部痛や頸部運動制限及び頸部筋緊張また腕の痛み、腕の脱力感や知覚異常などです。

変形性脊椎症の原因
変形性脊椎症になる原因は、老化によるものです。通常、背骨は椎骨が積み重なって構成されており、その椎骨が作る関節によって自由に腰を曲げることが出来ます。自由に腰を曲げられるのは関節を覆うクッションの役割を持つ軟骨があるからです。しかし、老化によって軟骨がすり減り、関節がうまく噛み合わなくなります。それによって激しい痛みが生じるのです。悪化すると脊椎管狭窄や椎間板ヘルニアを併発することもあります。

変形性脊椎症の検査と診断
頸椎が変形性変化を起こすこと自体は、加齢に伴う自然な変化です。しかし、これに伴い痛みや肩こりなどが起こることがあります。こういった症状が続く場合の 変形性脊椎症 の検査方法として、整形外科にいきX線検査を行うことをおすすめします。X線写真では、変形性変化の進行具合がわかります。 治療は、温熱療法などの 理学療法、消炎鎮痛薬などの薬物療法を主に行います

変形性脊椎症の治療方法
変形性脊椎症の治療法は、病状に対する各々の対処療法によって行われます。具体的には、鎮痛剤や消炎剤の投薬による治療や温熱療法があります。また、保存療法による手法では、患部を安静状態にして、薬物の投与や各種の治療手段を施します。それでも改善が見られない場合においては、外科手術によって症状を改善させるための治療手法を行います。

変形性脊椎症の初診に適した診療科目

変形性脊椎症の専門外来

関連部位から他の病名を探す

変形性脊椎症に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ