アルコール性認知症アルコールセイニンチショウ

アルコール性認知症はどんな病気?
アルコール性認知症とは、アルコール大量摂取が原因でこのような意識障害を起こします。アルコール依存症の方に特にこのような意識障害の症状が見られます。治療においては長期間断酒すると、このような認知症の症状は改善され、機能回復していくケースが多いです。アルコールの大量摂取はこのような症状のほかにも様々な病気を引き起こしますので、控えめにしたほういいでしょう。

アルコール性認知症の症状
アルコール性認知症では、アルコールの過剰摂取により脳が障害を受け認知症状が見受けられます。脳の細胞が不可逆的にダメージを受けているケースが多いため、治療によって回復するケースは少ないと考えられます。そういう意味においては、治療が困難な老人性の認知症と同様であると考えられます。アルコールの摂取を中止しても、完全には回復しません。

アルコール性認知症の原因
アルコール性認知症の原因は、名前の通りアルコールの要因で、主に過剰摂取の場合に多く見られます。また、予め脳障害を患っている場合には多少のアルコール摂取することで発症の引き金となる場合があります。アルコール依存症の患者は特に注意する必要があり、脳部の前頭葉の障害から発展して認知症を発症する場合がありますので特に気をつけなければなりません。

アルコール性認知症の検査と診断
アルコール性認知症は、現代社会に生きる人たちにとって身近な病です。ストレス発散やリラックスのためにお酒をたしなむ人は多いですが、その度を超すと危険性が高まります。そうした症状の発見のために行われる検査方法には様々あり、人によって向き不向きがあるので、かかりつけ医との相談の上治療に踏み切るべきでしょう。何事もバランスが肝心です。お酒の量と強さはよく考えて飲みましょう。

アルコール性認知症の治療方法
アルコール性認知症の治療法とは、まずアルコールの摂取を辞める事です。これは長期間に大量のアルコールを摂取続けた為に起こる症状であり、まずアルコールの摂取を続けていると症状は悪化していきます。ですから原因であるアルコールを辞める事が最も効果的です。萎縮した脳は元には戻りませんが、アルコールを辞める事でそれ以上の悪化は防ぐ事ができます。

アルコール性認知症の初診に適した診療科目

アルコール性認知症の専門外来

アルコール性認知症に関する書籍はこちら

スポンサーリンク

関連部位から他の病名を探す

アルコール性認知症の治療・診断をご希望される方へ最適な病院・クリニック・診療所をおすすめします。
アルコール性認知症に関する病院・クリニック・診療所は以下の診療科目からお探しください!
病院検索ホスピタ【HOSPITA】なら、現在診療中の病院・クリニックがすぐにわかるため、安心してご利用いただけます。

この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ