アミロイド苔癬アミロイドタイセン

アミロイド苔癬はどんな病気?
アミロイド苔癬とは赤茶色の大小ブツブツが手足の皮膚に出来るもので、非常なかゆみを伴い、特に中年以降になってから下半身に出やすいです。症状がひどくなると相当広い範囲に拡大することがあり、蒸れて皮膚が膿んだり、雑菌が入ることによって他の合併症も現われるなど、完治がしにくい場合があります。原因としては本人の遺伝子や体質によることが多いですが、ダニや環境汚染の影響も考えられています。


アミロイド苔癬の症状
アミロイド苔癬の症状は、皮膚に現れます。多発性で持続性の米粒大で淡褐色や茶色のできものができます。それらは、硬く、表面が平坦というのが特徴的です。また、ひどいかゆみを伴います。背中や四肢の伸展側にできやすいと言われています。本病は、かゆみを伴い、ざらざらでぶつぶつしているできものが集まっている状態であると表現されることが多いです。

アミロイド苔癬の原因
アミロイド苔癬は、でんぷんの様なアミロイドと呼ばれる繊維状のタンパク質の一種が皮膚の一部に沈着することによって引き起こされる疾患です。この疾患は慢性的な湿疹で皮膚を掻き続けたことやナイロンタオル等による摩擦が繰り返されたことが要因となって、表皮細胞が変形してアミロイドが形成されたものなのです。結論として、この病気の原因はタンパク質の一種であるアミロイドにあるのです。

アミロイド苔癬の検査と診断
アミロイド苔癬の診断は皮膚科で行われますが目視だけで行われることは少ないようです。症状からまず全身性アミロイドーシスを疑うため、検査方法は全身性アミロイドーシスと同様に病変部の組織を採取し、組織染色検査を行ってアミロイドの沈着の有無を調べてアミロイド繊維が確認されれば病名を確定させます。検査自体はそれほど大変なものではありません。

アミロイド苔癬の治療方法
アミロイド苔癬の治療法は、ステロイド薬の使用で行う場合があります。ただし改善予防として痒みを止めることが重要であり、抗ヒスタミン、抗アレルギー薬などを使用して対応する場合もあります。痒みを止めないと、病にかかった本人が物理的に掻いてしまう傾向にあります。ちなみに見た目を改善する場合には、医療レーザーを使って対応するというケースがあります。

アミロイド苔癬の初診に適した診療科目

アミロイド苔癬の専門外来

アミロイド苔癬に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ