アスペルギルス症アスペルギルスショウ

アスペルギルス症はどんな病気?
アスペルギルス症とはカビ菌が原因で発症する病気のことで、同じカビを取り込んでも発症しない方もいますが、人によっては咳に血が混ざったり、喘息などがおきたり、脳や肺、肝臓や腎臓の機能を低下させてしまうこともあります。X線検査やCT検査などで診断をすることができますが、場合によってはこの菌を取り除くために手術が必要な場合もあります。

アスペルギルス症の症状
肺アスペルギルス症の症状は、咳や胸痛、喀痰、呼吸困難等の呼吸器異常が現れます。血痰や喀血の頻度は他の呼吸器感染症よりも多いのですが、特にこれといったのが無いままX線異常で病気が発見することが多くなっています。 IPAは急な発熱が起き、その後に喀痰、咳、呼吸困難が現れます。病変が胸膜に接してる事が多いので、胸痛を伴うこともあります。また血痰や喀血が起こる可能性もあります。

アスペルギルス症の原因
アスペルギルス症とは、アスペルギルス属のカビによって重度の感染症が引き起こされる感染症のことです。原因の多くがアスペルギルス属の真菌感染であります。この感染症は治療が遅れると血管が壊疽してしまったり、皮膚がボロボロ担ってしまったりとかなり致死率が高くなるような症状にまで発展するのです。できる限り早く菌を特定して抗生剤投与が必要なのです。

アスペルギルス症の検査と診断
アスペルギルスはほとんどが深在性感染であるため、培養による確認は難しいと言えます。そのため、検査方法は以下の3つが中心になります。一つ目は感染を疑う臓器の生検材料の病理診断。二つ目は肺アスペルギルス症などでの画像診断。三つ目は血清診断です。血清診断では、β・Dグルカンとアスペルギルス抗原を同時に測定することが、アスペルギルス以外の真菌感染であった場合も確認できるため、推奨されます。

アスペルギルス症の治療方法
アスペルギルス症とは、外因性真菌症のことでアスペルギルス属の胞子の吸入と体内での増殖による日和見感染症です。免疫力が低下しているときに発病しやすい病気です。この病気の治療法は、抗真菌薬の投与が一般的です。また病変部分が局所的な場合は、外科手術により切除し根治を目指します。免疫力を上げるために、十分な栄養補給を摂ることと、ストレスがかからない生活習慣を心掛けることも治療の一助となります。

アスペルギルス症の初診に適した診療科目

アスペルギルス症の専門外来

アスペルギルス症に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ