唾液腺炎ダエキセンエン

唾液腺炎はどんな病気?
唾液腺とは、でんぷんの消化や、口の中の殺菌などをする唾液を作る器官であり、そこに炎症が起こることを唾液腺炎といいます。これの主な原因は、唾液腺に炎症を引き起こすウィルスによるもので、種類は様々です。症状としては、急性の場合、炎症がある唾液腺に痛みがあり、発熱があります。すべての唾液腺に炎症がある場合は唾液の分泌障害などもあります。


唾液腺炎の症状
唾液腺炎の症状は、急性のものでは、左右にある耳下腺が腫れ、痛みを伴います。また、耳下腺を押すなどすると、導管にある開口部から度々膿が出てきます。慢性のものでは、唾液腺が硬くなり、唾液の出が悪くなります。ウイルス性のものもあり、子どもがかかることが多いですが、大人がかかった場合には、睾丸炎、卵巣炎が起きることがあり、不妊になる可能性もあります。

唾液腺炎の原因
唾液腺炎はさまざまな原因で発症します。細菌性の場合、口の中の唾液の量が少ない時にもともと口の中に常在する菌が唾液腺に入り込むことで発症します。ウイルス性の場合、一般的によく知られているおたふくかぜに罹ることで発症します。おたふくかぜを引き起こすのはムンプスウイルスですが、このウイルスは一度感染してしまうと免疫ができるので再び感染することはありません。

唾液腺炎の検査と診断
唾液腺炎の検査方法は、触診やまたは視診によって、腫れているのかどうかの検査を行います。そして腫れているところが唾液腺であるのかどうかを調べるために、血液検査を実施するのです。血液検査では、アミラーゼという物質の値が高くなりますので、それを根拠にこの病気を想定することができます。またウイルス性であるかどうかも、血液検査を複数実施することで判明するのです。

唾液腺炎の治療方法
唾液腺炎は口の中に炎症を起こし急性になると腺に痛みを起こし腫れてくると発熱することがあります。唾液の分泌量が減ってくるため口の中が乾燥したような状態になります。耳鼻科や内科で検査を行い腫れがひどいときの治療法は抗生物質を処方してもらい細菌による炎症を抑えるようにしていきます。耳鼻咽喉科で受診した方がより確実にわかります。

唾液腺炎の初診に適した診療科目

唾液腺炎の専門外来

関連部位から他の病名を探す

唾液腺炎に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ