右心不全フシンフゼン

右心不全はどんな病気?
右心不全とは、心室の収縮力が低下し、心臓のポンプとしての役割が果たせなくなり、身体に必要なだけの血液が送り出せなくなってしまうことです。右心室の力が低下すると、静脈から入ってきた血液がつかえて静脈系がうっ血します。 症状としては、特に心臓に近い静脈に血液がたまったり、首の静脈に血がたまる頸静脈怒張、また、体に血液が溜まるため浮腫も現れます。胸や腹に水が溜まり、胃腸の調子が悪くなり食欲が減退します。


右心不全の症状
右心不全とは、右心系の機能不全にともなう一連の病気であり、静脈系のうっ血が主体となります。左心不全に続いて起こることが多く、左心不全で肺うっ血が起こり肺高血圧をきたすまでに至ると、右室に負荷がかかるため起こることが多いです。症状としては、液体が体全体または下側に溜まるので、腹水や肝腫大や静脈怒張など、循環の不良が原因となるものが挙げられます。

右心不全の原因
右心不全(うっ血性心不全)の原因は、四つあります。まずは、右心室の吐出量の低下です。老化に伴い、心臓のポンプ機能が低下すると心拍出量が低下するのです。次に、静脈還流血液(全身から上下の大静脈を経て還流してきた静脈血)の貯留です。第三は、中心・末梢静脈圧の上昇です。心筋が末梢組織や肺に必要な血液を送り出せなくなります。最後に、体静脈のうっ血(体循環のうっ血)です。

右心不全の検査と診断
右心不全の診断は比 較的簡単です。心不全の診断がわかっても、治療するためには心不全の原因を調べる必要があります。そこで検査方法として胸部X線検査を行い、心臓の拡大や肺のうっ血や水の貯ま りがあれば心不全の存在がわかります。同時に左室・右房などの拡大な どの診断がある程度つきます。心電図を 取ればリズムや左室肥大あるいは狭心症 ・心筋梗塞などの他の病状も判ります。

右心不全の治療方法
右心不全の治療法といっても心不全の原因自体がさまざまあり、それぞれに応じた最善の治療をします。ただし一般的な治療としては静脈うっ滞を改善する為の利尿薬、心臓の拍出量改善の為の強心薬を状態や段階によって使い分けます。また血管拡張薬を併用して使うこともあります。また予後を改善する目的の交感神経β受容体遮断薬やアンジオテンシン変換酵素、その他抗アルドステロン薬の併用による治療も推奨されています。

右心不全の初診に適した診療科目

右心不全の専門外来

右心不全に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ