低血糖症テイケットウショウ

低血糖症はどんな病気?
原因はさまざまですが、最も多いのは糖尿病の方が薬物療法に伴うものでインスリンの過剰な状態になった時低血糖症になりやすくなると言われています。症状としてはお腹が空いたり、動悸・震えが出てきます。ほかっておくと無気力になり倦怠感が出たりします。冷や汗や顔面蒼白になっていく方もいらっしゃいます。更に下がると意識がなくなったり、異常行動を起こしけいれん・昏睡状態にもなります。


低血糖症の症状
低血糖症とは通常70~120mgdlの範囲内で収まる血糖値が何らかの理由により低い値になってしまう症状のことです。原因には外因性と内因性があり、外因性はアルコールの接種や薬の投与によるものです。内因性とは食事のとり方によるものです。通常の人であっても上記因性により、低血糖になる可能性が十分にあるので、日頃から注意が必要です。

低血糖症の原因
低血糖症の原因とは、一般的には食生活における不摂生が理由として挙げられています。遺伝的な体質というものもあるにはあるのですが、そうしたものはある程度は食生活によって改善することができるのです。食生活では、糖質の過剰摂取によって膵臓が機能障害を起こすことが理由となっている場合と、もうひとつがアルコールやタバコ、コーヒーといったものが元として副腎が刺激されたときにも症状が現れます。

低血糖症の検査と診断
低血糖症というのは、血液中のグルコース濃度が低下している状態ですので、これを調べるためには、血中のグルコース濃度を測定しなければなりません。具体的な検査方法としては、まずは患者から一般的な採血を行います。採血した血液の中にグルコースはどれくらい含まれているか、つまりグルコース濃度が基準となる値の範囲に収まっているかどうかで判断します。

低血糖症の治療方法
低血糖症の治療法は、低血糖を起きにくくするための食事療法や栄養療法が主に行われます。膵臓に疾患があるインスリン由来の症状がある場合は、膵臓の治療をします。食事療法や栄養療法では、ブドウ糖の点滴をしたり、血糖値を上げるホルモンであるグルカゴンの皮下注射、筋肉注射などをします。血糖コントロールが悪くなることがあるので、砂糖類を過剰に摂取する必要はありません。

低血糖症の初診に適した診療科目

低血糖症の専門外来

低血糖症の専門医

関連部位から他の病名を探す

低血糖症に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ