浮動性めまいフドウセイメマイ

浮動性めまいはどんな病気?
浮動性めまいとは身体が宙に浮いてるような、ふわふわとした感じがするめまいのことです。正しい姿勢を保ったり、まっすぐ歩くことが困難になりますが、症状は軽くすぐ治る場合が多いです。貧血や低血圧、自律神経の不調が原因とされていますから、これら基礎疾患を治療することで症状はずいぶん抑えられます。原因がわからないまま放置すると、症状が悪化する可能性があるので早めに受診するといいでしょう。


浮動性めまいの症状
浮動性めまいは、足が地に付いていないような感じがして、雲の上を歩いているような感じのふわふわ感、船に乗っているような感じ、体が宙に浮いているなど、「浮動性」という言葉が相応しい症状が現れます。ですから、平衡感覚が狂うために歩行が困難な状態になって、まっすぐ歩くことができなかったり、正しい姿勢を維持できないといった状態になります。

浮動性めまいの原因
浮動性めまいは、パソコンやテレビを長時間見続けたり、過度のストレスによって、肩こりや眼精疲労、頭痛などが原因になったり、病気による場合は、うつ病、自律神経失調症、パニック障害、高血圧症、メニエール病といったものによって発症します。他にも脳梗塞や脳腫瘍などのような脳性疾患による場合もありますので、大変注意が必要な病気です。

浮動性めまいの検査と診断
浮動性めまいの検査方法は、主に問診が活用されています。めまいの診療においては、どのような形で病気が発露し、そしてどういった進行をしてきたのか、という物理的な部分においての答えというものを見出さなくてはいけません。とくに特徴的とされているのが、まるで浮いているかのような感覚であり、これらの症状がでている場合には、この病気を疑うことができます。

浮動性めまいの治療方法
様々なめまいを併発させる浮動性めまいは医療機関による診断が難しいとされています。放置しておくと身体的な麻痺症状や強い立ちくらみが起きることもあるので生活に支障をきたします。治療法は眼の療法が最も適しているので、できるだけ負担を軽減させるためにTVやパソコンといった機器の使用を控えていくことが大切です。又、ストレス性の場合には生活環境の配色にこだわることで改善を見込めます。

浮動性めまいの初診に適した診療科目

浮動性めまいの専門外来

浮動性めまいに関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ