卵巣嚢腫ランソウノウシュ

卵巣嚢腫はどんな病気?
卵巣嚢腫とは女性の体左右にある卵巣のどちらかが腫れてしまうことです。通常は、2.3センチ程度の大きさなのが、大きくはれてしまします。発見された場合、良性か悪性かの診断も受ける必要があります。しかし、比較的、発見が遅くなることが多いので、腹部膨満感、下腹部痛、性器出血、便秘などの今までなかった症状が現れた時は、早めに婦人科で診断を受けることが大切です。


卵巣嚢腫の症状
卵巣嚢腫の症状があらわれるのは、嚢腫がある程度大きくなってからです。卵巣周囲の臓器を大きくなった嚢腫が圧迫し、便秘や頻尿、下腹部の膨らみなどがあらわれます。また月経過多などの月経異常もあらわれることがあります。嚢腫が5センチ以上になると、茎捻転を引き起こす場合があります。この状態になると突然立っていられないほどの激痛が走ります。また嚢腫が破裂する可能性も出てきます。

卵巣嚢腫の原因
卵巣嚢腫の起きる原因は、良性の中で最も発生頻度の高い成熟嚢胞性奇形腫は、胎児が発生する段階の細胞が卵巣の中で、所要を形成して出来たものです。また、子宮内膜症から形成された嚢腫は卵巣内部で子宮内膜が増殖して月経と同時に出血を繰り返し卵巣の中に月経の血が貯まることで発生します。悪性のものは卵巣がんで、遺伝子の異常によって発生することが多いです。

卵巣嚢腫の検査と診断
検査方法は超音波検査、CT、MRIなどの画像による検査があります。CT、MRIは卵巣は勿論、周辺の部位も合わせて確認が出来る方法です。また血液検査で腫瘍マーカーの数値を調べ、卵巣腫瘍による異常値がないかを確認する場合もあります。この数値が低く、画像で充実性の部分が確認できない場合は良性の可能性もありますが、腫瘍を摘出して病理組織検査によって悪性ではない場合、卵巣嚢腫ということになります。

卵巣嚢腫の治療方法
卵巣嚢腫の治療法は、腫瘍のサイズが大きくなければ摘出が可能で、近年はラパロスコープを使った摘出が多く、何故なら傷口が1~2cmと小さく、手術後が楽なことで利点が多いためです。また腫瘍のサイズが大きかったり、悪性の可能性がある場合癒着が予想される場合、妊娠中では開腹による腫瘍切除が必要となります。その場合も嚢腫部分のみを摘出します。

卵巣嚢腫の初診に適した診療科目

卵巣嚢腫の専門外来

卵巣嚢腫の専門医

卵巣嚢腫に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ