腹部膨満感フクブボウマンカン

腹部膨満感はどんな病気?
「腹部膨満感」とは、食べ過ぎていないにも関わらず腹部が張ったように感じる病気です。原因は空気の飲み込み過ぎや、過労やストレスによる胃腸の働きの低下により、胃の中に食べ物が残ってしまったり、ガスが溜まってしまう事で起こります。この症状を感じた場合は、ゆっくりと食事を摂るよう心がけ、空気を飲み込み過ぎないようにする事です。


腹部膨満感の症状
腹部膨満感は、文字通りお腹が張った状態が長時間持続するという症状が起こります。それも単純に食事を取った結果として現れる満腹感とは違い、どちらかと言えばお腹を壊す直前に起こる事の多い腸内にガスが溜まった結果発生するお腹の張りに近い感覚となるケースが殆どです。ですからデリケートな人にとってはかなり不快感を感じる事になります。

腹部膨満感の原因
腹部膨満感になるのは、腸閉塞や腹水、子宮や卵巣に関した何らかの疾患などが原因として考えられますが、そうではない場合もあります。それは、腸管内にガスが異常に溜まることで発症します。ガスが溜まりやすくなるのは、ガスが発生しやすい炭酸飲料などを摂取したり、腸内細菌により発生したり、食事をしたときに食べ物と一緒に空気も飲み込んでしまうからです。

腹部膨満感の検査と診断
原因不明の腹部膨満感の検査方法に、腸内で細菌が過剰発生していないかをチェックする方法があります。まず砂糖水を300ccほど飲み、その後三時間、15分ごとに吐く息に水素がどのくらい含まれているかを調べます。痛みや不快感はありませんが、患者は朝に絶食してから砂糖水を飲んだあと、三時間かけて検査をしなければいけません。異常な細菌が認められれば、それを殺すことで改善します。

腹部膨満感の治療方法
胃薬を飲んで横になっているだけでも、腹部膨満感を緩和させる事が出来ます。横になっても胃が楽にならない時は、内科に通院して点滴を受けることで気分を楽にすることが出来ます。それに内科に通うと適切な処置を受けることが出来るので、短時間で膨満感の苦しみから解放される事が出来ます。漢方薬を飲む治療法でも、お腹の張りや胃もたれを治すことが可能です。

腹部膨満感の初診に適した診療科目

腹部膨満感に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ