紫斑シハン

紫斑はどんな病気?
紫斑とは、皮内出血または皮下出血によって皮膚にできる紫色の斑のことを言います。その大きさによって、びまん性出血斑、点状出血斑、斑状出血斑に分けられる。敗血症、壊血症、動脈硬化症などによっても起こり得ます。だから注意すべきことは何が原因なのか、どのような疾患が原因で起こったのかをしっかり理解し、それに合った治療法を選ぶことです。


紫斑の症状
皮膚や粘膜内の出血によって肌の上にできる赤紫色の斑の症状です。出血は血液が血管の外に漏れ出る状態で、大きさによって紫斑の名前が変わります。皮下出血になると通常は赤紫色ですが、皮膚表面に近い出血は赤みが強く、深い所での出血は青みを帯びてみえます。そして、時間がたつにつれ褐色からへ橙黄色、淡黄色と変化し、やがて薄らいでいきます。

紫斑の原因
紫斑の原因は、さまざまなものがあって一つに断定することはできません。心因性の、ものであればストレスがその大元になったりもしますし、他にも寝不足や披露といったものもまた大きな要因となっています。また栄養素がかけている場合にもこうした病気になることがって、ビタミンが欠乏している状態に陥ったときに出血しやすくなり、発症することがあります。

紫斑の検査と診断
血小板減少紫斑病の検査方法は、まず専門機関で、どこの部位で出血するのか、いつから症状があらわれたか問診が行われます。出血症状があった場合、末梢血検査で血小板の数を調べ、血液凝固検査で血液のかたまり具合を調べる血液検査が行われます。骨髄の細胞に異常があるか検査する骨髄件さも行われます。遺伝性の可能性もある場合があるので家族にも血液検査が行われることがあります。

紫斑の治療方法
治療法としましては、症状が紫斑のみならば経過観察をして、特に治療はしない場合が多いです。特に刺激の受ける部分は悪化するため、安静を心掛ける必要があり、腎炎の発症の可能性もあるため、定期的な検査や尿検査が必要となります。強い痛みを感じ通常の生活が難しくなった場合は入院し、薬物療法で副腎皮質ステロイドの投与をします。またステロイドは静脈内に投与する場合が多いです。

紫斑の初診に適した診療科目

紫斑の専門外来

関連部位から他の病名を探す

紫斑に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ