非定型精神病ヒテイガタセイシンビョウ

非定型精神病はどんな病気?
非定型精神病とは、急性に発症、周期性の経過をとって、妄想・幻覚など統合失調症のような症状が出るが、人格欠陥を残さない場合が多く、比較的に短期間で寛解状態に至ります。また典型的な「統合失調症」「双極性障害」「てんかん」では無いですが、複数の症状を呈している時に使われる病名です。また病状が短い間隔で変動しやすいという特徴があります。


非定型精神病の症状
非定型精神病の症状は多種多様です。まず初期の段階では不眠不安等の状態が続き、それに伴い躁鬱の傾向が酷くなります。しかも躁鬱状態も交互に起こるのではなく、躁状態から急に欝状態になる事が多いです。さらに状況が悪化すると幻覚まで聞こえる場合もあります。それ以外にも突然に意識が混沌としたり、まるで夢の中にいるような夢幻状態になる場合もあります。

非定型精神病の原因
今では話題になっている非定型精神病なのですが、この病気は精神状態が通常よりも異常になっているのです。この原因については、ストレスが影響なのです。この治療法についてはカウンセラーによって、大きく変わることができるのです。難しいものではなく、とても簡単で安心に治療をすることができるので、不安に感じてしまうことがありません。

非定型精神病の検査と診断
非定型精神病であるかどうかを判断するためには、いくつかの検査方法を組み合わせて用いる必要があります。この精神病に限らず、他の多くの精神病についても同様ですが、精神病の類型は非常に複雑で、単一の手法によってそれを同定することは困難であると考えられます。患者の行動や発言内容、各種心理検査を組み合わせて、総合的に判断をすることになります。

非定型精神病の治療方法
統合失調症やうつ病などの複数の症状を併せ持つ非定型精神病に対する有効な治療法はどのようなものなのでしょうか。一般的には薬物療法では抗精神病薬や抗躁薬、抗うつ薬などが併用されて治療が行われます。また電気ショック療法で治療が行われる場合があります。しかしもともとの患者の精神的な苦痛やストレスを取り除くことが、一番肝要です。

非定型精神病の初診に適した診療科目

非定型精神病の専門外来

非定型精神病に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ