カンピロバクター食中毒カンピロバクターショクチュウドク

カンピロバクター食中毒はどんな病気?
カンピロバクター食中毒は、カンピロバクター菌に汚染された食品や飲料水の摂取や、動物との接触によって人に感染します。潜伏期間は2~5日間で、症状は、下痢、腹痛、発熱、悪心、嘔気、嘔吐、頭痛、倦怠感などがあり他の感染型食流毒と似ています。多くは1週間ほどで治癒し、死亡例や重篤例はまれですが、乳幼児や高齢者など抵抗力の弱いものは重症化の可能性が高いので注意が必要です。

カンピロバクター食中毒の症状
カンピロバクター食中毒の原因となります病原体は、カンピロバクター・ジェジュニです。他の食中毒と比較して潜伏期間が長いのが特徴です。症状は、下痢(水様便)、腹痛、発熱、倦怠感などです。確定診断を行いますには抗菌投薬前に便の検査をします。治療は輸液や食事療法、抗生剤投与です。予防は生あるいは加熱不十分な鶏肉や内臓肉を食べないことです。

カンピロバクター食中毒の原因
カンピロバクター食中毒の原因は、カンピロバクターの病原菌感染により発症します。生ものやあるいは加熱不足の食材などを介して、体内にカンピロバクター菌が侵入します。鶏肉や牛レバーの調理方法によっては、内部にまでしっかりと加熱されない事があるため、感染源となります。また、井戸水などからこの病原菌に感染するということもあります。

カンピロバクター食中毒の検査と診断
カンピロバクター食中毒は、まずレバーなどの生食の有無、井戸水や湧き水の飲用の有無を確認したうえで、感染しているか判別するための検査方法として、便の細菌検査が行われます。細菌検査で病原体が確認されると確定診断がつきます。抗生物質を摂取したあとでは病原体が検出できない可能性が高いため、抗生物質の投与がないか確認されたのちに検査が行われます。

カンピロバクター食中毒の治療方法
カンピロバクター食中毒の治療法は、発症してから多くの場合は食生活の改善と身体の安静で完治する場合が多いです。それでも悪化してしまった後や重症の場合は投薬による治療が一般的です。抗生物質の処方が一般的ですが、細菌の種類によっても抗生物質の種類が変わったり、効果がなく副作用のみが現れる場合もありますので投薬には注意が必要です。

カンピロバクター食中毒の初診に適した診療科目

カンピロバクター食中毒の専門外来

カンピロバクター食中毒の専門医

関連部位から他の病名を探す

カンピロバクター食中毒に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ