急性心不全キュウセイシンフゼン

急性心不全はどんな病気?
急性心不全とは、急に意識が無くなり死亡してしまう病気です。また、その病気が起きる原因とは、働き過ぎることによって過労になった場合や、精神的なストレスを抱えた時によく発生します。このため、ストレスなどをため込まないようにすることが重要であり、適度な休息などを取ることが重要です。このため、ストレスなどを感じさせないようにする必要があります。


急性心不全の症状
急性心不全は、心臓の血液を送り出すポンプの働きが急激に低下し、全身に血液が回らなくなる病です。初期症状は、「疲れやすい」「動悸がする」「息苦しい」などです。平地を歩いている時には何でもなくても坂道や階段の上り下り、重い物を持った時などに感じることが多いです。息苦しい、ぜんそくのように咳が出る、寝ていても苦しくて起きてしまうなど、気になる事があれば、早急に病院の循環器科の受診が必要です。

急性心不全の原因
急性心不全の原因は、他の心疾患によって引き起こされることが最も多いものとなっています。具体的に、急性心筋梗塞、心臓弁膜症、高血圧や先天性による心疾患などがあります。急性心筋梗塞の場合は突然の発症が多く見られるのに対し、先天性心疾患などでは元々起こっていた心不全が悪化して見られることがあるので注意が必要です。また、これらに関係がなくかぜ、ストレス、妊娠などで見られる場合もあります。

急性心不全の検査と診断
急性心不全という病気は、色々な検査方法があります。まずは胸部X線検査を行うことによって、原因を調べることが出来るようになっています。その他にも、心電図を見ることによっても調べることが出来ます。これらの方法以外にも、心エコーを使用することで検査することも出来ますし、血液検査を行うことによって、数値をみて検査することも出来ます。

急性心不全の治療方法
急性心不全の治療法は、患者の様態を確認し、とにかく早急に行うことが必要です。体位を変え、すぐに酸素吸入を行います。酸素吸入をしても呼吸が安定しない場合は、人工呼吸を行います。また、利尿により呼吸が楽になるため、利尿薬を使用します。他にも強心薬、血管拡張薬、心不全と合わせて心筋梗塞、不整脈が見られる場合はその治療も同時に行うことになります。

急性心不全の初診に適した診療科目

急性心不全の専門外来

急性心不全に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ