咳嗽ガイソウ

咳嗽はどんな病気?
咳嗽とは『がいそう』と読み、簡単に言うなら『咳』のことです。痰が出るものと出ないものに、分けられます。有名なものであれば、痰が出るものであれば『肺ガン』、痰が出ないものであれば『咳喘息』があります。咳は気管支や肺の健康を知るための一つのバロメーターになります。少しでもおかしいと思ったり、咳が長引くようであれば一度受診することをオススメします。


咳嗽の症状
咳嗽の症状とは、一般的には誰もが知っているものとなります。それは咳と呼ばれるものであり、強制的に気管支にある遺物などを排斥するために行われる運動として解釈されています。こうしたものには2つの種類があって、ひとつは乾いた咳がそれにあたります。これはただの咳のことで、もうひとつは痰などを伴う湿った咳です。これら二種類が一般的に知られている咳となります。

咳嗽の原因
咳嗽を発症する原因として、喉の炎症や乾燥などによって咳が出たり、痰が出たりしてしまいます。風邪症状の一つでもあり、喉の痛みや痒みも伴うことがあります。喉が乾燥してしまうのは、水分不足や、一定の湿度が保たれていなかったり、特に夏季や冬季のエアコン使用は、空気の乾燥はひどくなり、喉は乾燥しやすくなり咳を伴いやすいので、こまめな水分補給と湿度管理が大切です。

咳嗽の検査と診断
咳嗽の検査方法としては、一般に胸部X線による単純撮影が行われます。胸部X線検査では呼吸器系疾患の有無や程度がわかります。健全な肺の場合は黒く写りますが、異常のある部分は白っぽい影になります。ほかに、肺機能検査や喀痰検査が行われる場合もあり、これらの検査で疑わしい結果が出た場合には、さらに詳しい検査が行われることもあります。

咳嗽の治療方法
咳嗽の治療法としては、初期症状の間は、対症療法として咳止めや気管支を広げる薬、抗生物質による内服治療を行います。何週間も持続した咳の場合は、血液検査やレントゲン、心電図検査を行い、検査結果に応じた治療薬を使用していきます。また外的な要因として、喫煙や飲酒、ハウスダストなどのアレルギー、部屋の乾燥、ストレスなども関係しているため、要因を取り除く必要があります。

咳嗽の初診に適した診療科目

咳嗽に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ