アルコール性肝障害アルコールセイカンショウガイ

アルコール性肝障害はどんな病気?
アルコール性肝障害とは、大量のアルコール摂取を続けることによって肝臓の細胞が変化、壊死などを起こし、肝臓の機能が衰えた状態のことです。症状は無いことが多く、定期検査などで発見されることが多いです。悪化すると、右上腹部鈍痛や食欲不振、吐き気などの症状がでることもあります。病気の進行としては、アルコール性脂肪肝から肝炎、肝線維症を起こし、肝硬変に至ります。


アルコール性肝障害の症状
アルコール性肝障害はアルコールの大量飲酒によって引き起こされるもので、肝臓によるアルコールの解毒機能を破綻させてしまうので極めて重篤な状態に陥ることさえあります。この病気の症状としては、黄疸が出て、食欲がなくなり、最悪の場合は意識障害などまで出てくることがあるのです。顔が黒ずんできたり黄疸が出た場合は気をつける必要があります。

アルコール性肝障害の原因
アルコール性肝障害の原因は、主にお酒の飲み過ぎによる、肝臓の機能低下です。お酒に含まれたアルコールが、肝臓へ流れ続けると、なりやすい病気となっています。長期間、長時間アルコールを摂取し続けていると、肝細胞が変性してしまうことがあり、さらにアルコールを摂取してしまうと壊死してしまう場合があります。その結果肝臓が衰えて、病気となります。

アルコール性肝障害の検査と診断
アルコール性肝障害の検査方法は、血液検査です。アルコール性脂肪肝になっているかどうかは、GOTの値が上昇していないかをまず調べます。また総コレステロール値もチェックします。総コレステロール値が低下していると、肝臓の機能が低下していると見ます。上昇していると、胆道の異常を疑います。さらにコリンエステラーゼの値も見ます。増加していると脂肪肝ということになります。低下していると肝硬変の疑いがあります。

アルコール性肝障害の治療方法
アルコール性肝障害の治療法に関しての大原則は、禁酒です。脂肪肝のみの場合は禁酒だけで回復する事があります。症状が進行してアルコール性肝炎を起こしている場合は、禁酒のみでは簡単に行きません。既にアルコール依存症に陥っている場合が多く、その場合は、入院し絶対安静、食事療法に加え、副腎皮質ホルモンの使用、グルカゴン・インスリン療法、血漿交換などが必要となります。

アルコール性肝障害の初診に適した診療科目

アルコール性肝障害の専門外来

アルコール性肝障害の専門医

アルコール性肝障害に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ