胸焼けムネヤケ

胸焼けはどんな病気?
夜にアルコールを飲みすぎや翌日や、食事を食べすぎた後にみぞおちあたりから胸にかけてあがってくる熱さや苦しさを「胸焼け」と言います。原因は胃酸が胃から食道へ逆流したときにおこります。胃と食道のあいだには胃酸が逆流しないような仕組みがありますが、年を取ったり、体重が増えると、その遺産が逆流しないようにする仕組みの機能が低下して胃酸の逆流につながります。


胸焼けの症状
胸焼けとは、二日酔いのときや胃腸の調子が悪いときに起こる、ポピュラーな症状のことです。特徴としては、胃のあたりが気持ち悪い感じがして、ときには吐き気を伴い嘔吐にいたってしまう場合もあったりします。胃がとても気持ち悪い感じがしているため、何も食べる気がおきなくなり食欲がなくなってしまうということも特徴として挙げられます。

胸焼けの原因
胸焼けの原因については様々な事が挙げられます。その中でも逆流性食道炎はメジャーな症状であり、これは食後に横になった際や前かがみになった際に、食道・喉・口に胃酸が逆流する事で胸が焼けたようになります。それ以外にも消化不良・暴飲暴食があり、暴飲暴食は胃の容量が満たされますので、上部に逆流した際に症状を起こす場合があります。

胸焼けの検査と診断
胸焼けの検査方法は、内視鏡による検査を行います。これによって、食道の発赤やただれなどがあれば認められることになります。また、この場合には食道が詰まっているために食事などが逆流するために、きちんとした検査を行ってもらう必要があります。また、この場合には食事などを辞める必要があり、治すためには医者の指示に従うことが重要です。

胸焼けの治療方法
胸焼けには色々な原因がありますが、それが逆流性食道炎だった場合の治療法は、胃酸を抑える薬を飲むことです。また、胃酸の食後への逆流を防ぐために食後にすぐ横にならないようにします。日頃から暴飲暴食、食べ過ぎ飲み過ぎ、不摂生、コーヒーや甘いチョコレートなどの刺激物の摂取過剰を避けることで薬を使わなくても治療していくことができます。

胸焼けの初診に適した診療科目

胸焼けの専門外来

胸焼けに関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ