乗り物酔いノリモノヨイ

乗り物酔いはどんな病気?
ゆらゆらと不慣れな揺れに乗ると少し気分が悪くなったり、ひどいと嘔吐したりすることがあります。それを乗り物酔いといいます。症状は人それぞれで車でも気持ちが悪くなったりする人もいれば船に乗っても何に乗っても平気な人など様々です。一点を見詰めたままでいることが良くないので、景色を見たりすると改善するかたもいます。体調が悪いと酔いやすくもなるので自分でわかる人は乗り物に乗る時に注意しましょう。


乗り物酔いの症状
乗り物酔いをひきおこすと、吐き気がしますが、それまでの前兆として、めまいや生あくび、冷や汗がでてきて手足の冷感を感じます。徐々に顔面蒼白、頭痛や動悸が現れ、身体の痺れ、そして吐き気をおこします。脱力感、無気力、思考力の低下も生じ、悪化すると、嘔吐や下痢をおこします。それにより脱水症状もひきおこし重症化する可能性があります。

乗り物酔いの原因
乗り物酔いの原因は、耳の鼓膜の内部にある三半規管と呼ばれる3つの半円のような管が、乗り物(自動車、電車、船、飛行機など)の運転による振動で、バランスを崩すことで起こります。三半規管は、身体のバランスを取る働きをしており、乗り物が急に加速・減速したり、横揺れ、縦揺れをすると三半規管のバランスが取れなくなり、自律神経に変調をきたすことが要因で様ざまな不調を起こします。

乗り物酔いの検査と診断
乗り物酔いの検査方法としては、問診により、その程度を明確にすること・血液検査によって血液中のストレスホルモンADHの量を調べること・胃電図検査で胃の動きを調べてどのようにして発生しているのかを調べることがあります。また、最初に挙げた問診の中には、視野刺激装置で人工的に酔いを引き起こさせることによる検査が含まれています。

乗り物酔いの治療方法
乗り物酔いの治療法は、体調管理などの心がけや酔い止め薬の服用によって行われます。体調不良や睡眠不足は酔いを誘発するため、乗り物の乗る前に体調を整えることが酔いの治療に役立ちます。また乗り物に搭乗している際の行動や気構えによっても、酔いは軽減できます。さらに、酔い止め薬を服用することによって、酔いの症状を和らげる事が可能です。

乗り物酔いの初診に適した診療科目

乗り物酔いの専門外来

乗り物酔いに関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ