アフタ性口内炎アフタセイコウナイエン

アフタ性口内炎はどんな病気?
アフタ性口内炎は口内炎の一種です。口の粘膜のあらゆるところから歯肉までに至る範囲で発症します。楕円形の小さな潰瘍ができます。発赤や浮腫を伴います。歯肉から出血することもあります。大変辛い痛みを伴うため、通常は10日くらいで治りますが、その間食べ物や飲み物、唾を飲み込むことも困難になるため、乳幼児の場合は脱水症状を起こさないように気をつけなければなりません。

アフタ性口内炎の症状
アフタ性口内炎になることで現れる症状としては、口腔粘膜から歯肉まで口内炎が発生します。それにより歯肉が腫れて出血したりもします。そうしたことにより口の中はひどい痛みに見舞われます、その結果物を飲み込むという行為をすることができません、またよどれも多くなることがあります。一週間程度で治りますがその間飲食ができないため脱水を引き起こすこともあります。

アフタ性口内炎の原因
口内炎は種類がいくつかありますが、その中の一つであるアフタ性口内炎は最も一般的に起こりうる口内炎です。そのような症状が起こる原因として多数のものが上げられます。最も起こりやすいものとしては、口の中を傷つけてしまうことでしょう。飲食の際などに、口の中を強く噛んでしまうことによって引き起こされます。他には健康不良やストレスなどによっても引き起こされます。

アフタ性口内炎の検査と診断
アフタ性口内炎のもっともよく行われる検査方法は視診です。そのほかにも、血液検査を行いヘルペスウイルスに対する抗体測定を行い、診断を確定させます。この病気の正確な原因がまだわかっていないので、それを見つけるための検査が行われることが多いです。しかし、口内炎は2、3週間で自然治癒されるので、病院に行って検査しなくてもよいと考える人が多くなっています。

アフタ性口内炎の治療方法
アフタ性口内炎の治療法は、抗生物質の内服と炎症止めの軟膏塗布が一般的です。他には口腔外科などで、レーザー照射することにより、痛みなどの症状はかなり軽減されます。また1日数回のイソジンでのうがいも効果的ですが数日はかかります。口内炎は、口腔内の清潔を保つことが大切ですし、栄養状態が悪いと治りも悪くなるので、栄養バランスを考えた食事にも心がける必要があります。

アフタ性口内炎の初診に適した診療科目

アフタ性口内炎の専門外来

アフタ性口内炎に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ