多嚢胞性卵巣症候群タノウホウセイランソウショウコウグン

多嚢胞性卵巣症候群はどんな病気?
多嚢胞性卵巣症候群とは、卵巣に卵胞と呼ばれる卵子の入った袋がたくさんできることです。この病気を発症すると排卵できない状態になります。ですから無月経や不妊症になったりします。また肌荒れや肥満を誘発することがあります。現在では完治できる治療法はまだありません。ただ糖尿病と深い関係があることがわかってきたので、経口血糖降下剤を処方すると効果があるといわれています。


多嚢胞性卵巣症候群の症状
多嚢胞性卵巣症候群の症状としてあげられる事は数々あります。月経のときに排卵が起こりにくい事によって、月経不順やそもそも月経自体がやってこない事があります。それとは全く逆に、月経不順によって月経が普段よりも多く起きる事、出血の量が多くなります。また男性ホルモンが増える事により、体毛の増加が見られたり肥満になったりします。

多嚢胞性卵巣症候群の原因
多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の原因は、未だにはっきりとは、解明されていません。現在のところ、内分泌異常([LH:黄体化ホルモン]の分泌が増えて、[FSH:卵胞刺激ホルモン]とのバランスの乱れが起こり、卵胞がうまく発育できないような異常状態)や糖代謝の異常([インシュリン:すい臓から分泌されるホルモン]の量が異常に増加する状態)からなるものではないかと考えられています。

多嚢胞性卵巣症候群の検査と診断
通称PCOやPCOSと呼ばれている、多嚢胞性卵巣症候群の検査方法には主に、血液中のホルモン検査や、ホルモン負荷試験、卵巣の超音波検査などか用いられております。ホルモン検査では、通常ではFSHがLHより多い値を示すのですが、この二つの値が逆転するのが特徴です。男性ホルモンである、テストステロン値もしばしば増加しています。

多嚢胞性卵巣症候群の治療方法
多嚢胞性卵巣症候群の治療法は、主に排卵誘発剤を使用して、排卵の機会を増やします。しかし、重症度はさまざまであり、すぐ反応する場合もあれば、なかなか反応しないこともあります。なかなか反応しなければステロイドや漢方薬を併用します。また、それらを併用しても反応しない場合もあります。その時には注射を使用しての排卵誘発を行います。

多嚢胞性卵巣症候群の初診に適した診療科目

多嚢胞性卵巣症候群の専門外来

関連部位から他の病名を探す

多嚢胞性卵巣症候群に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ