金縛りカナシバリ

金縛りはどんな病気?
金縛りとは就寝中、意識はあるのに体を動かす事が出来ない病気の事です。ひどい時にはこのまま死んでしまうのではないかと思うほど強く症状が出る場合もあります。体を動かすことができない時間の長さは約30秒から1分の間といわれ、症状が起こる原因については疲労の蓄積とストレスが挙げられていて、体の緊張をほぐすことが病気を起こさないための予防策と言えます。


金縛りの症状
金縛りの症状は、動けなくなってしまうことです。主に体が固まったようにこわばってしまい、張りつけられたように全身が重く、動かしたいという意思があるのに思うようにならないのです。声も上手く出せません。しかし、視覚、聴覚ともに働いているため、この時に誰かの声を聞いたとか、姿を見た、という幻覚か心霊現象のような体験をする人もいます。

金縛りの原因
金縛りとは睡眠中に意識があっても体が全く動かなくなってしまう症状のことをいいます。この原因はオカルトなものから薬物までいろいろなものが考えられてきましたが、近年の研究により睡眠不調によることが判明したのです。睡眠にはレム睡眠とノンレム睡眠を繰り返して行なっているのですがレム睡眠に異常があるときにこのような症状が発生することが報告されています。

金縛りの検査と診断
金縛りは、生活のリズムが崩れたり、心身の疲労が重なる事で起こることがあります。この病気はストレスや睡眠障害から引き起こす事も多く、検査方法としましては、脳波の検査やMRI検査を受ける事で発覚します。この病気は意識はあるのに体が思うように動かなくなる病気ですが、全ては生活習慣によるものが多く見受けられます。また、筋電図の検査でも調べる事が可能です。

金縛りの治療方法
金縛りの治療法は、家庭でも行うことができます。具体的には、睡眠リズムを定着させることです。どういうことを言っているのかというと、正しい睡眠習慣を確立するということです。例えば、夜遅くまで勉強をしている受験生は、夜は決まった時間に寝る、といった方法で治すことができます。ただし、性格も原因の一つとなっているので、その場合は薬の服用が推奨されます。

金縛りの初診に適した診療科目

金縛りの専門外来

金縛りに関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ