o脚オーキャク

o脚はどんな病気?
o脚とは、馴染みのある言い方があるとすれば、ガニ股のことです。両脚が少し外側に向いているため、立ったときに膝と膝との間があいており、oのように見えることからそう呼ばれています。両方の足首をつけて立ち、成人の指が3本異常入れば、症状が強いと言えます。しかし、これといって特に生活に支障はないため、治療する必要はありません。


o脚の症状
o脚の症状は、両足のくるぶしを揃えて直立した時に、ひざが外側に広がって、くるぶしがついているのに膝がつかなくなります。きれいに真っ直ぐと脚が伸びずに、脚がアルファベットの《o》の形のようにまるくひざ部分が広がってしまう状態になります。外見的なものが主なものですが、病状が悪化してしまうと痛みや機能障害をもたらすこともあります。

o脚の原因
o脚の原因には、生まれつきのもの、骨の形成不全などの病的な要因、怪我によるものがありますが、殆どは運動不足や姿勢不良、座り方の癖などの生活習慣によるものです。生活習慣によって、内転筋群や臀部筋群、大腰筋など、腰周辺や脚の筋力低下や、骨盤や股関節の歪み、膝関節の変形などが生じ、それらが複合的な要因となって引き起こされます。

o脚の検査と診断
自分がo脚かそうでないか、またそれが矯正可能なものかどうかということをしらべる検査方法があります。まず、両足のくるぶしをつけた状態で足をそろえて起立した際に、左右の膝がつかずに離れている状態であればそうです。逆に両膝をくっつけると、くるぶしがはなれてしまうというのもそうでその症状を調べるレベルは4段階あり、両膝のはなれる度合いで区別されます。

o脚の治療方法
o脚の治療法については、主にマッサージやストレッチなどで矯正すれば治ります。自宅でも出来る方法としては、スクワットは筋肉バランスの崩れを整えてくれるので、治療として有効です。また、ストレッチも自宅で出来る方法があるので改善に繋がります。この様に自力で出来る方法もありますが、一般的に完全な治療を望むなら、専門医にかかることが大事です。

o脚の初診に適した診療科目

o脚の専門外来

o脚に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ