アダルトチルドレン

アダルトチルドレンはどんな病気?
アダルトチルドレンとは、子どものときに家庭内にトラブルがありトラウマを抱えたまま大人になった方々のことを指します。親が離婚してしまった、親がアルコール依存症で夫婦喧嘩ばかりしていた…などその理由は人それぞれですが、症状も人それぞれ、多岐に渡ります。自分を否定したり、他人と親密な関係を持てなかったりするのです。その症状を緩和させるには人のせいにしないで生きてきた自分を解放してあげることが一番です。


アダルトチルドレンの症状
アダルトチルドレンの症状には様々なものがあります。ありのままの自分に価値がないと感じてしまう、自分の意見を言えず極端に周囲の反応を窺う、ささいなことでの嘘、何か問題が発生した際に全ては自分の責任だと自分自身を強く責めてしまう、被害妄想があるなど多岐に渡ります。これらの他にもありますが、十分な愛情を得られずに育ってきたために、本当の自分は愛される価値がないと感じてしまうことが全てに共通しています。

アダルトチルドレンの原因
アダルトチルドレンになる原因と言われているのは、機能不全家族の中で育つことです。機能不全家族というのは、家庭内で身的虐待や精神的虐待、性的虐待が日常的に起こっている家庭のことで、この中で育ってしまうと、この病気にかかってしまう可能性があります。両親や家族にじゅうぶんな愛情を与えてもらえなかったり、または逆に両親や家族から愛情を受けすぎた場合にも、かかる場合があります。

アダルトチルドレンの検査と診断
アダルトチルドレンの検査方法は、各種の判別用の診断表によるチェックによって、該当するかどうかを判断する事ができます。対象者のこれまで育ってきた家庭環境に関する診断や、成長期に心に負った傷を負った場合の現在への影響を調べる診断があります。総合的に診断結果を評価することによって、この病状に該当するかどうかの診断を行います。

アダルトチルドレンの治療方法
アダルトチルドレンの治療法は、己を認めることです。己に価値がないと思うことは、自己否定につながるので注意が必要です。精神的な改善、心のケアが重要な病といえます。また、話すことが有効的なケースが多く、抱えている不安や負の感情を、身近な人に話すだけでも改善に向かうことは多いです。人は話すことで、心が軽くなりやすい生物とされています。

アダルトチルドレンの初診に適した診療科目

アダルトチルドレンに関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ