日本紅斑熱ニホンコウハンネツ

日本紅斑熱はどんな病気?
紅斑熱群リケッチアの一種リケッチア・ジャポニカを起因病原体とし、野山に入りこれをもつマダニに刺咬されることにより感染する。全国的に春から秋の長い期間注意することが必要。

日本紅斑熱の症状
◆潜伏期は2~8日 

◆39度以上の熱、発疹、刺し口

日本紅斑熱の治療方法
本症を早期に疑い適切な抗菌薬を投与すること

日本紅斑熱の初診に適した診療科目

日本紅斑熱の専門外来

日本紅斑熱に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ