気分変調性障害キブンヘンチョウセイショウガイ

気分変調性障害はどんな病気?
慢性的なうつ状態が数年間続いていても、うつ病と診断されるほど重くない症状を気分変調性障害と呼びます。


気分変調性障害の症状
罪悪感、劣等感を強く持ち続けてしまい、焦り、不安感、不眠、過民などの症状に悩まされます。

気分変調性障害の原因
遺伝的なものや性格、幼児期の過酷な体験やストレスも関わりがあると言われています。

気分変調性障害の治療方法
薬物療法(抗うつ薬、抗不安薬)や精神療法が用いられます。

気分変調性障害の初診に適した診療科目

気分変調性障害の専門外来

気分変調性障害に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ