レジオネラ肺炎レジオネラハイエン

レジオネラという細菌の感染による肺炎です。 肺に親和性があり、ほとんどが肺炎の形で感染します。感染力は弱く、健康な人にはあまり感染しません。年齢を問わずかかりうる病気ですが、高齢者、糖尿病のある人は発症しやすいといわれています。人から人へは感染しません。 この菌は世界中の土壌、人工環境水の中に広く繁殖していることがわかり、誰でも思いがけぬところでこの菌を吸い込み肺炎にかかる可能性があります。温泉、サウナ、ジェットバス、24時間風呂などを利用した後の発症が約半数を占めます。 典型的には、温泉などに入浴後、2~10日後に、まず高熱で発症します。次いで咳、痰などの呼吸器症状が起こりますが、この時点で医療機関を受診し、肺炎と診断されて適切な抗菌薬を投与されればそのまま改善することもあります。しかし、標準治療の項で述べるように、この菌に対しては一部の抗菌薬しか効かないため、しばしば重症化し、精神症状(変なことをいいはじめる等)を発することもあり、やがて呼吸困難が出てくると、どんな治療もかなわず死亡する例も多い、なかなか恐ろしい肺炎です。

レジオネラ肺炎の初診に適した診療科目

レジオネラ肺炎の専門医

レジオネラ肺炎に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ