卵巣がんランソウガン

卵巣がんはどんな病気?
卵巣がんは、婦人科系がんでは2番目に発症率が高い病気です。 また。卵巣がんは、早期の診断が難しいがんです。 卵巣には、腫瘍ができることがあり、その腫瘍も良性と悪性との2種類があります。その2種類を総称して、卵巣がんといいます。卵巣がんの場合は、85%は良性のものであると言われています。 ただ悪性の腫瘍の場合は、子宮や腸、膀胱やその他の臓器に転移する確率が高いとも言われています。 卵巣がんは、40代以降からピークは50代前半の女性が発祥する確率が高いといわれています。


卵巣がんの症状
がんがある程度大きくなる、または他の部位に転移するまでには、卵巣がんの症状が現れません。卵巣は腹部にあって腫瘍ができてもはじめはほとんど自覚症状がありませんので、2/3以上は転移した状態ではじめて病院を訪れます。卵巣がんに最もよくおこる転移は、腹膜播種(ふくまくはしゅ)です。転移は卵巣の表面からちょうど種をまくようにがん細胞が腹膜に拡がっていくので「腹膜播種」といわれています。腹膜播種は卵巣の周りにおこりやすいのですが、横隔膜という、卵巣から最も遠く離れた腹膜にもよくみられます。

卵巣がんの原因
卵巣がんの発生には、複数の要因が関与していると考えられています。卵巣がんの確立したリスク要因は、卵巣がんの家族歴のみとされています。

卵巣がんの治療方法
転移のない卵巣がんは手術だけで治りますが、転移した状態ではじめて治療を受ける場合は、手術だけですべてのがんをとり除くことはできません。残された腫瘍に対しては、手術後に抗がん剤による治療が行われます。

卵巣がんの初診に適した診療科目

卵巣がんの専門外来

卵巣がんの専門医

関連部位から他の病名を探す

卵巣がんに関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ