癌性腹膜炎ガンセイフクマクエン

癌性腹膜炎はどんな病気?
主に消化器や肝臓、婦人科の癌の末期に起きる腹膜に癌が転移した病気です。

癌性腹膜炎の症状
慢性の腰痛、寒気、発熱、嘔吐、食欲不振、排尿困難、腹部膨満感、腹水、全身衰弱症状などが起きます。

癌性腹膜炎の検査と診断
血液検査、腹水穿刺、X線検査、腹部CT、腫瘍マーカーの検査、超音波検査が用いられます。

癌性腹膜炎の治療方法
抗癌剤の投与による化学療法が用いられ、また、腹水の軽減処置、腸閉塞症(イレウス)発症時には、バイパス造設術あるいは人工肛門造設術などの外科的手術が用いられる場合もあります。

癌性腹膜炎の初診に適した診療科目

癌性腹膜炎に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ