腹膜炎フクマクエン

腹膜炎はどんな病気?
内臓の表面や腹膜の内側には薄い膜があり、これらの膜が炎症を起こす病気のことを腹膜炎と呼びます。この病気は細菌や科学的な刺激によって引き起こされるとされています。症状には突然の腹痛や吐き気、腹部の膨張などが見られます。特に急性のものである場合、早期に発見および治療を行わないでいると一時的に腹痛や吐き気などの症状は収まりますが、その間にも病状は悪化して多臓器不全となってしまうので注意が必要です。


腹膜炎の症状
腹膜炎の症状として、まず急性の場合には腹部の疼痛が現れ時間の経過と共に、だんだんと痛む範囲が広がって行きます。また、腹部を押すと周囲に痛みが響くブルンベルグ徴候や、腹筋が鉄のように硬くなる筋性防御などの現象がおこり、併せて、発熱、悪寒、嘔吐、頻脈などの現象が現れます。これらが重くなると死に至る場合もあります。慢性化すると、ゆるやかに回復してゆきますが、放置すると蛙の腹のように膨れることもあります。

腹膜炎の原因
腹膜炎は、腹膜に炎症がおこることを言います。経過により、急性か慢性かを判断します。腹膜のなかで特におおいい、原因が腹膜に細菌が入ることにより、感染してしまう、ケースがとてもおおいいです。この場合は、急性になります。また、この病気はとても、強い痛みを伴います。なので、痛みが我慢できません。ですから、痛み止を飲んで押さえます。

腹膜炎の検査と診断
腹膜炎は、お腹に症状が出る病気なのでお腹を下していたり急にお腹が痛くなった時などにその痛みなどが長く続いたりすると少し病気の心配をするのが良いでしょう。これを調べれる検査方法がありますので自分の住んでいる近くの医療機関などで検査を行っていると思いますので少し疑いがある人などは、すぐにでも病院に行って検査を受けるのをおすすめします。

腹膜炎の治療方法
腹膜炎の治療法は、発見しだい早期の手術が好ましいですが、消化管の穿孔が無く、部位が一部に限られている限局性の場合には、補液や抗生剤の投与により保存的に治療することで治る可能性もあります。また合併症も引き起こし、横隔膜の下に膿がたまる横隔膜下膿瘍、ダグラス窩に膿のたまるダグラス窩膿瘍が起こり、その際にも治療が必要になります。

腹膜炎の初診に適した診療科目

腹膜炎の専門外来

腹膜炎の専門医

腹膜炎に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ