アニサキス症アニサキスショウ

アニサキス症はどんな病気?
アニサキス症は、アニサキスという回虫によっておこる感染症です。イカやサバ、アジやいわしなどに幼虫が寄生しており、寄生した魚介類を生で食べると人に感染します。感染すると胃壁や腸壁にもぐりこみ、数時間から一週間ほどで、おなかに激痛が走ります。吐き気や嘔吐を繰り返したり、じんましんがでる場合もあります。家庭でお刺身などにして食べる場合には十分注意が必要です。

アニサキス症の症状
アニサキス症の症状はまず腹痛です。寄生している虫が胃の内部を刺激するからです。酷い痛みを伴うので嘔吐を伴う事もあります。これは食中毒により下痢で起こる腹痛とはまた違います。胃を尖った刃物等で内部から突き刺されているような、刺すような痛みです。胃薬等の薬も効果は現れないです。とても我慢が出来る程の痛みでは無いですから顔面が蒼白になり冷汗が滲んできます。

アニサキス症の原因
アニサキス症は、「アニサキス」というイルカやクジラの胃に寄生している回虫が原因です。この幼虫は、イカやサバ、イワシの内臓表面等にも寄生しているため、これを市販の生のものを人間が食べることによって感染してしまいます。人間の体内に入ったアニサキスは、胃壁や腸壁にもぐりこんでいきます。また、壁が薄い小腸では穴を開けてしまう場合もあります。

アニサキス症の検査と診断
アニサキス症に罹患した際の検査方法は、場合によって異なります。胃が罹患しているのであれば、内視鏡と呼ばれるもので虫を視覚的に確認し、虫をつまんで出すことができます。しかし、腸が罹患しているのであれば、それができないので、その場合、X線や超音波検査によって虫を発見するという方法が行われています。また、抗体検査が行われる場合があります。

アニサキス症の治療方法
アニサキス症の治療法は、普通は虫体の適切という、外科的な作業をすることになっているのですが、これらの作業には当然ながらちょっとむずかしいところがあります。開腹して取り出すという方法の場合には体にも大きなダメージがのこりますから、現代では対症療法として薬などの内服薬を利用しながら、幼虫が死んで吸収されるのを待つというのが主流となっているのです。

アニサキス症の初診に適した診療科目

アニサキス症に関する書籍はこちら

スポンサーリンク
アニサキス症の治療・診断をご希望される方へ最適な病院・クリニック・診療所をおすすめします。
アニサキス症に関する病院・クリニック・診療所は以下の診療科目からお探しください!
病院検索ホスピタ【HOSPITA】なら、現在診療中の病院・クリニックがすぐにわかるため、安心してご利用いただけます。

この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ