アルコール依存症アルコールイゾンショウ

アルコール依存症はどんな病気?
アルコール依存症とは、分かりやすく言えばアルコールを断てなくなる症状のことです。アルコールによって得られる肉体的、精神的な作用に囚われ、次第に飲酒量が増えていき、ついにはアルコールがないと精神の安定が図れなくなってしまう場合もあります。アルコールの多量摂取により、人間関係に亀裂の入るようなことをしたり、周りの者にも迷惑をかけるなどの良くないことも起こります。


アルコール依存症の症状
アルコール依存症とは、アルコール中毒が酷くなり身体的にも精神的にもいつでもアルコールを欲している状態のことを言います。主な症状は、飲酒のコントロールが出来ず、常にアルコールを欲しがる状態や、飲酒が出来ないストレスで周囲へ攻撃的になる状態が見られます。また、頭痛や吐き気といったものや重大な精神的な影響として、幻聴や幻覚を引き起こすこともあります。

アルコール依存症の原因
アルコール依存症の原因はまずアルコールの過剰摂取です。お酒は嫌な事を一時的に忘れさせる効果もあり、不安や恐怖を取り除きます。その為に中には精神を安定させる為に過剰に摂取してしまう人がいるのです。アルコールには中毒性あり、酷くなると朝からでも摂取するようになり常にお酒に酔っている状態になるのです。これはお酒には精神的に楽にさせる作用があるからです。

アルコール依存症の検査と診断
アルコール依存症の検査方法は、医師によるスクリーニングテストによって行われます。スクリーニングテストでは、患者が実際に依存症であるかどうかを判断するために、患者に対して質問し、その回答を得て真偽を判別していくものです。依存症かどうかを見極めるためにスクリーニングテストには、CAGEテストや飲酒パターン分類などの方法が使われます。

アルコール依存症の治療方法
アルコール依存症の治療法は、一般的には入院して断酒を行います。断酒の期間は、最低でも1ヶ月以上である場合が多いです。またこの病は、精神面の問題でもあるので、断酒だけでなく精神的に健康になるために療養が必要です。お酒に対する考え方であったり、依存しているあいだの家族への対応がどうなっているかなど、いろいろなことを冷静に考えるようにしていきます。

アルコール依存症の初診に適した診療科目

アルコール依存症に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ