喉頭肉芽腫コウトウニクガシュ

喉頭肉芽腫はどんな病気?
喉頭肉芽腫とはのどに刺激を加えた際に声帯の後方が腫れ、さらにそのまま刺激を与え続けることにより、徐々に腫れの大きさが増していく疾患です。刺激には無理に大きな声を出したり、胃酸の逆流、全身麻酔時の気管内挿管などがあります。腫れが小さい時はのどの違和感を覚える程度ですが、大きくなるとのどがガラガラして不快感があり、声もかすれます。

喉頭肉芽腫の症状
喉頭肉芽腫はポリープとも呼ばれ、喉を酷使する歌手などが発症するケースが多いです。この症状になると、声がかすれてきて、声がでにくくなってきます。また、喉に違和感を感じるようにもなります。その状態を改善しようとして、咳払いなどをすると、ますます状態は悪化するので注意が必要です。胃液が逆流する場合には食道の疾患も疑われますので、この場合は内科医の診断が必要です。

喉頭肉芽腫の原因
喉頭肉芽腫は、声帯の後部にできやすい肉芽(炎症組織)です。腫瘍ではありません。大きな声を出しすぎて声帯を酷使していたり、気管内挿管や麻酔の刺激、胃酸逆流症などが原因となって発症します。このほかにも梅毒、結核、ウエゲナー肉芽症など肉芽を生じうる疾患による特異的なものによる可能性もあります。慢性的な咳によっても引き起こされます。

喉頭肉芽腫の検査と診断
喉頭肉芽腫(こうとうにくがしゅ)についてです。気管内の刺激や慢性的な咳などにより発症すると言われております。これは腫瘍ではありませんが、声帯の後方に隆起性の肉芽という炎症組織ができます。かすれ声や喉の違和感を感じます。検査方法ですが、細いファイバースコープのカメラを挿入し声帯や喉頭の動きなどを観察する「喉頭内視鏡検査」を行います。

喉頭肉芽腫の治療方法
喉頭肉芽腫は、基本的に声を出さない・ステロイドの吸入・抗炎症薬の内服といった保存的治療を行うことを治療法としていますが、もしそれでも無くならない場合は、ガンであるかどうかを確認するために炭酸ガスレーザーを用いた手術が必要になることもあります。もし、年齢や喫煙・飲酒というような発ガンリスクがある場合は、積極的に手術を受け、切除することを進められることが多いです。

喉頭肉芽腫の初診に適した診療科目

喉頭肉芽腫の専門外来

喉頭肉芽腫に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ