難聴ナンチョウ

難聴はどんな病気?
難聴は耳の障害です。先天性の場合もありますが、病気にかかったのが原因でなる方や、突発性のものもあります。近年はヘットフォンやイヤフォンで大音量で長時間聞く事によって耳に障害が出る事があります。いずれも症状として、音が聞こえにくい事が共通します。人によっては高い音だけ、もしくは低い音だけ聞こえない方などもいます。これは検査によって可聴域という物を調べ、知る事ができます。


難聴の症状
難聴の症状は、簡単に言うと、耳が聞こえにくくなるということです。しかし、それには年齢や状況によって3つのパターンに分類できます。まず、老人性のものは、年齢が上がるにつれて耳が聞こえなくなることで、高温がら聞こえなくなります。2つ目は小児性、生まれつきのもので、大きな音がしても反応しないと危険です。3つめは突発性で、耳の閉そく感やめまいを伴います。

難聴の原因
難聴を発症する原因は、細菌性・ストレス性など、人によって様々です。その中でも最近増えているのが、イヤホン・ヘッドホンを通して、大音量で音楽を聴き続けることによる発症です。特に新しいタイプのイヤホンは外れにくさ・フィット感を重視して耳の奥まで突っ込むものが多く、このような機器で大音量の音楽を聴き続けた場合、音波を受けて振動する鼓膜や、その振動を受信・処理する中耳などが損傷を受けてしまうのです。

難聴の検査と診断
難聴には種類があり、それによって検査方法が変わってきますが、一般的なものとして、純音聴力検査があります。これは、低いヘルツから高いヘルツまでどの音を聞き取ることが出来るのか検査する方法です。他にも語音聴力検査という、音を感知し、その音の内容をどこまで理解出来るのか調べる検査もあります。この検査により人との会話に影響がどの程度あるのか知ることが出来ます。

難聴の治療方法
耳鼻科に通ってステロイドの投与を受けると、初期の難聴を治すことが出来ます。点滴を受ける治療法でも、鼓膜や耳の血行の流れを活発化させて治療を済ませることが可能です。重症の場合は鼓膜を手術することで、鼓膜の機能を正常にすることが出来ます。突発性の場合は、血管拡張剤やビタミン剤の投与を受けることで症状を緩和させる事が可能です。

難聴の初診に適した診療科目

難聴に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ