突発性難聴トッパツセイナンチョウ

突発性難聴はどんな病気?
原因不明で突発的に起こる難聴が突発性難聴です。この病気の発症は、発症した人が「いつ、どの瞬間に難聴を発症したか」を証言できるほど突然です。症状は軽度~重度の内耳性感音声難聴に加え、耳鳴りや耳閉憾を伴うことも多くあります。早期の発見とち治療・安静が非常に重要な病気です。発症から1週間以内に治療されなかった場合、治癒の確率は低下します。


突発性難聴の症状
特に前兆があるわけでもなく、いきなり難聴を発病することを突発性難聴といいます。患っているほとんどの人が片方の耳にだけ発症し、耳鳴りや回転性眩暈などの症状を伴っています。これらは内耳に異常を来している際に現れるもので、突発性の難聴の特徴ともいえます。原因としてストレスが大きく関係しており、自律神経のバランスが崩れることで活性酸素が蓄積され、内耳の細胞にまで影響が及ぶことで発病します。

突発性難聴の原因
突発性難聴の原因としては、内耳や中耳に急性の炎症が起こるとなってしまいます。また、大きな音が鳴る職場で普段から働いている人は、他の人よりもなってしまう可能性が高めです。その他にも、急激なストレスを感じたことでなってしまう人もいますが、どの場合でも放っておくと聴力が戻らなくなる危険性があるため、すぐにその理由を突き止め改善しなければなりません。

突発性難聴の検査と診断
突発性難聴かどうかの検査方法としては、医師による問診があります。内容は、耳周りや孔の中の外耳道や鼓膜の穿孔に癒着がないかどうかを確認します。また、顔面神経や三叉神経に異常がないかを調べます。別の方法は、純音聴力をテストするというものです。この検査により気道、骨導からの聴力を確認します。また定期的に純音を検査することで難聴の程度やその後の回復具合が分かります。

突発性難聴の治療方法
突発性難聴の治療法は、薬によるものが中心となっています。抗炎症作用のあるステロイド剤や血管拡張剤、血栓への対策として抗凝固剤といった薬が使用されています。この他にも、代謝賦活剤や神経ビタミン剤を用いることもあります。また、出来るだけ安静にして、体の疲れや日常感じるストレスを、少しでも和らげることもとても重要となってきます。

突発性難聴の初診に適した診療科目

突発性難聴に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ