耳垢栓塞ジコウセンソク

耳垢栓塞はどんな病気?
耳垢栓塞とははがれた皮膚や皮脂、ほこりなどにより発生した耳垢がかたまりになり耳の穴を塞いでしまうと言うものです。入浴やプールなどで耳垢に水分が含まれることにより膨らんだ状態になることで起こることが多いです。症状としては軽度から中度の難聴や耳鳴りが起きたり、そのままにしておくと耳の穴の皮膚が炎症を起こして痛みを感じることもあります。


耳垢栓塞の症状
耳垢栓塞とは、字面を見ても分かる通り、耳の中に耳垢が詰まってしまう状態のことです。症状としては、周囲の音が耳垢でふさがれ聞こえづらくなるというのが代表的ですが、聞こえづらい状態のまま放置してしまうと、耳が炎症を起こして痛みだしたり、さらにひどくなってくると耳鳴りも発生し、難聴につながってしまう危険もあります。少しでも耳が聞こえにくいと感じたら耳鼻科へ行き、耳掃除も時々行ったほうが良いでしょう。

耳垢栓塞の原因
耳垢栓塞(じこうせんそく)とは、耳あかがかたまりになり、その耳あかのかたまりが耳の穴をふさいでしまっている状態のことをいいます。その耳の穴をふさぐ原因の耳あかは、軟骨部外耳道(なんこつぶがいじどう)にある、耳垢線(じこうせん)と皮脂腺(ひしせん)からの分泌物や、剥がれた皮膚の表皮、ほこりなどがいっしょにかたまったものです。

耳垢栓塞の検査と診断
耳垢栓塞の検査方法とは、まず患者の耳の中を見る必要があります。耳は細く深く暗い部分なので、今では先端に小さなカメラがついた管を耳の中に入れて、耳の内部をモニターに写し出す事ができます。それにより、耳の中の状態を詳しく見る事が出来るのです。そこで耳垢が固まって出来た物質が発見されます。長年経過しているものは、固くなった状態で見事に耳穴を塞いでいるのが分かります。

耳垢栓塞の治療方法
耳垢栓塞の治療法は耳にたまった耳垢を取り除くことから始まります。聴力に支障が出るほどの頑固な耳垢は耳の中を傷つけないように慎重に取り除きます。長期間放置されている耳垢は硬くなっているので、耳かきやピンセットを併用して除去しますが、こびりついて取れないものは薬剤で溶かして取る場合もあります。通常の耳垢は数分で処理できます。

耳垢栓塞の初診に適した診療科目

耳垢栓塞の専門外来

耳垢栓塞に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ