未熟児網膜症ミジュクジモウマクショウ

未熟児網膜症はどんな病気?
未熟児(低出生体重児)は、目の奥にあって見ましたものを写します網膜という場所が十分に成熟しないまま産まれてきます。この網膜にそって、網膜の血管が眼の中央部から外側に伸びてくるのですが、この伸びがうまくいかず、眼の眼球側に伸びてしまい未熟児網膜症になってしまいます。保育器ではなく高度な設備が整っています新生児治療室ではなります確率が低いです。


未熟児網膜症の症状
未熟児網膜症の症状は、網膜の中で起こる変化なので、外からを分かりません。網膜症を起こした赤ちゃんのうち5%くらいは、病状が急激に進んで網膜が剥離し、失明します。また、出生体重が1000グラム未満で生存した赤ちゃんの4%は、血管成長の異常が進んで網膜剥離を起こし、出生2~12ヶ月以内に失明します。治療した小児には、高頻度で近視・弱視・斜視が起こります。

未熟児網膜症の原因
未熟児網膜症の発症する原因となるものは、根本的なものは網膜血管の未発達にあります。胎内で出産時期までをかけて完全に成長をしていく網膜が、早期出産などにより途中で成長が止まってしまった場合に網膜症を発症するのです。在胎週数が少なく、出生時の体重がすくないほど起こりやすい病気ですが、酸素投与、交換輸血などをおこなうことも重症化のもととなります。

未熟児網膜症の検査と診断
未熟児網膜症は定期的に眼底とよばれる部位を検査します。網膜の部位がきちんと成長していないのですのでそれを確認するのです。眼底という目の奥を見るために点眼をしてその後開眼機をもちいて目をえぐるようにして目の奥を確認します、その状況で医師が網膜の状況を確認して検査をするのが検査方法です。多少なりともストレスのかかるタイプの方法です。

未熟児網膜症の治療方法
程度が軽い未熟児網膜症なら、放置しておくだけで自然に治すことが出来ます。症状が進んでいる場合は、レーザー治療を受ける事で網膜の働きを正常にして、視力を回復させる事が可能です。眼科がある病院で網膜を機能を回復させる手術を受けると、効果的に治療をすることが出来ます。末期の状態になると、眼球を摘出する治療法を受ける必要があります。

未熟児網膜症の初診に適した診療科目

未熟児網膜症の専門外来

未熟児網膜症に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ