遠視エンシ

遠視はどんな病気?
遠視とは目の屈折異常で近くを見るときにしか使用されない調節力を、遠くを見るときにも自動的に働かせてしまう症状をいいます。本来なら調節をしないで済むところまで調節をしようとするので非常に目が疲れやすくなり、肩こりや頭痛などを伴うようになります。軽度の場合は特に何もする必要はありませんが、斜視などの症状がある場合は凸レンズ眼鏡を使用します。幼児の場合は目がまだ成長段階なので気にする必要はありません。


遠視の症状
遠視とは、遠いところが見えないのではなく、近いところが見えづらくなるという症状のことです。現代人は目の酷使のせいで近視という遠いところが見えなくなる人が多いですが、一定数近いところが見えづらい、という人もいます。遠くのものははっきりと見えるのに、近づくにつれて視界がぼやけたり、対象物がはっきりと見えなくなってしまうという特徴があります。

遠視の原因
遠視の原因は、基本的には生まれつきによるものです。元々人間は生まれた段階では多くの場合がこの状態にあり、それが徐々に生活をする中で近視化することによって正常な状態になるのです。一方で、老人性のものもあります。しかし、これも若い頃には目の調整能力があるために自覚していなかったものが年を取り目の調整能力が衰えたことにより自覚が出てくるものであり、元を正せば生まれつきのものと言えます。

遠視の検査と診断
遠視の検査はそのほとんどが大学病院の眼科または個人経営の眼科で測定が主である。検査方法は目の状態を機会を使い測定し、複数のデータをもとに細かい視力検査を行います。しかし、子供の検査結果や結膜炎患者においてはこの検査は正確性にかけます。そこでそのような場合には精度の高い調節麻酔剤による精密屈折検査が行われます。これによって正確な数字が出るため、確定診断ができるのです。

遠視の治療方法
遠視では、絶えずピントの調節をしなければならないため、眼精疲労や頭痛といった症状が出ます。治療法としては、メガネやコンタクトレンズによる矯正を行うのが一般的です。とりわけ、事務やコンピュータなど長時間の近見作業をする人は近見作業用のメガネが症状の軽減に役立ちます。また、弱視になる可能性を持つ小児でも、早期から適切なメガネ等の装用によって視力の発達を促すことも可能です。

遠視の初診に適した診療科目

遠視の専門外来

関連部位から他の病名を探す

遠視に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ